長塚圭史が“冒”険心持って立ち上げる「近松心中物語」松田龍平が受けたダメ出しとは

1

282

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 61 173
  • 48 シェア

KAAT神奈川芸術劇場プロデュース「近松心中物語」の製作発表会見が、本日7月20日に神奈川・KAAT神奈川芸術劇場 大スタジオで行われた。

KAAT神奈川芸術劇場プロデュース「近松心中物語」製作発表会見の様子。

KAAT神奈川芸術劇場プロデュース「近松心中物語」製作発表会見の様子。

大きなサイズで見る(全9件)

「近松心中物語」は、秋元松代が近松門左衛門の「冥土の飛脚」をベースに書いた戯曲。1979年、蜷川幸雄の演出により東京・帝国劇場で初演された。今回はKAAT神奈川芸術劇場の新芸術監督・長塚圭史が演出を担い、“冒”をテーマに掲げた同劇場の2021年メインシーズンの開幕作品として上演される。劇中では元禄時代の大阪・新町を舞台に、飛脚屋亀屋の養子・忠兵衛と新町の遊女・梅川、忠兵衛の幼なじみで古道具商傘屋の婿養子・与兵衛と、その女房・お亀の男女2組の物語が展開する。

長塚圭史

長塚圭史[拡大]

本日の会見には長塚をはじめ、忠兵衛役の田中哲司、梅川役の笹本玲奈、そして与兵衛役の松田龍平、お亀役の石橋静河が登壇した。長塚は本作の魅力について「身分制が厳しく、金がものを言う時代に、どうしようもなくなった若者が死を選ぶ様が描かれており、現代の格差社会にも通ずるものがある」「非常に肉体的な戯曲。電気が走るように惹かれ合う一目惚れというのは、大変なことです。僕はここに色気を感じますし、刹那が一生になるような若者たちの姿に惹かれました」と語る。

本作の音楽を手がけるのは、ラップグループ・スチャダラパー。長塚は「戯曲を読んでいると、現代に通じる“トンネル”がグッと開くのを感じる。今回はそのトンネルをどうつなごうかと考えたとき、スチャダラさんが浮かんだ」と人選の理由を明かす。上演に向けては「登場人物たちは元禄の人々ですが、身近に感じてもらえるやり方を探りたい」「蜷川さんはこの作品を80人ほどで上演しましたが、今回舞台に立つのは19人。冒険心を持って挑みます」と思いを口にした。

田中哲司

田中哲司[拡大]

田中は「忠兵衛は僕にとってハードルが高い役。真面目なサラリーマンのようなイメージで、今のところ自分との共通点は見つからない。圭史くん(長塚)によると忠兵衛は二十代だそうですが僕は55歳なので、『ジジ臭かったら注意して』とお願いしました(笑)」と話し、「良い舞台を作り上げて、圭史くんの芸術監督就任を祝えたら」と抱負を述べた。

松田龍平

松田龍平[拡大]

松田は自身の演じる与兵衛を「与兵衛は自分がどう生きたいのかよくわかっていないけれど、周囲に対してすごく筋を通す印象。心中についても『自分は死にたくないけど、あなたが言うなら仕方ない』という与兵衛なりのスタンスを感じます」と分析し、「稽古しながら彼の人柄をかみ締めていきたい」と意欲をのぞかせた。

笹本玲奈

笹本玲奈[拡大]

「試練になると思う」と話すのは笹本。笹本は「セリフには、梅川の愛する人を気遣う優しさや可愛らしさが表れています。私は1人で生きていけちゃうタイプなので、忠兵衛から見ると“笹本玲奈”は可愛げがないかもしれない(笑)。彼女のはかなさや健気さをどう表現するかが課題」と言葉に力を込めた。また本作の内容にちなんで“一目惚れ”に関するエピソードを求められた笹本は、250ccの中型バイクに一目惚れして購入したことを明かす。「アメリカンな見た目と、音が良くて」と楽しそうに語り、記者たちを和ませた。

石橋静河

石橋静河[拡大]

石橋は台本を読んだ感想を「ボリュームがあるのに、『なんてはかないんだ』という気持ちが残った」と述べる。石橋の演じるお亀は夫・与兵衛と幼なじみという設定。石橋はこれに触れて「私は松田さんを子供の頃から知っているので、そこは共通点です」と笑い、「お亀は可愛らしさと同時に、心中に憧れる危うさも持っている。余計なことを考えず、まっすぐに演じられたら」と意気込んだ。

KAAT神奈川芸術劇場プロデュース「近松心中物語」製作発表会見の様子。

KAAT神奈川芸術劇場プロデュース「近松心中物語」製作発表会見の様子。[拡大]

会見では、長塚作品に初出演する笹本と石橋に向けて、参加経験がある田中と松田が助言する場面も。田中が「(長塚は)とにかく優しい。何でも聞き入れてくれるし、きっとやりやすいと思う」と言う一方で、松田は「めちゃめちゃ厳しいです」とコメント。続けて松田が「(長塚に)『声が小さい』とよく言われます(笑)。でもいつもピリッとした気持ちにさせてくださるので、感謝しています」と謝辞を述べると、長塚は「龍平くんはすごく良い声だから、もっと聞きたいんです!」とリアクションして笑いを誘った。

公演は9月4日から20日までKAAT神奈川芸術劇場 ホールにて。その後10月まで福岡、愛知、兵庫、大阪、長野を巡演する。神奈川公演分のチケット一般販売は、7月24日にスタート。このほかの公演については公式サイトを確認しよう。

この記事の画像(全9件)

KAAT神奈川芸術劇場プロデュース「近松心中物語」

2021年9月4日(土)~20日(月・祝)
神奈川県 KAAT神奈川芸術劇場 ホール

2021年9月25日(土)・26日(日)
福岡県 北九州芸術劇場 中劇場

2021年10月1日(金)~3日(日)
愛知県 穂の国とよはし芸術劇場PLAT 主ホール

2021年10月8日(金)~10日(日)
兵庫県 兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール

2021年10月13日(水)
大阪府 枚方市総合文化芸術センター 関西医大 大ホール

2021年10月16日(土)
長野県 まつもと市民芸術館 主ホール

作:秋元松代
演出:長塚圭史
音楽:スチャダラパー
出演:田中哲司 / 松田龍平笹本玲奈 / 石橋静河 / 綾田俊樹、石橋亜希子、山口雅義、清水葉月、章平、青山美郷 / 辻本耕志、益山寛司、延増静美、松田洋治、蔵下穂波 / 藤戸野絵、福長里恩、藤野蒼生 / 朝海ひかる、石倉三郎

※福長里恩と藤野蒼生はWキャスト。

全文を表示

※2021年9月30日追記:本公演は新型コロナウイルスの影響により豊橋公演が中止になりました。

読者の反応

  • 1

ステージナタリー @stage_natalie

【会見レポート】長塚圭史が“冒”険心持って立ち上げる「近松心中物語」松田龍平が受けたダメ出しとは
https://t.co/7OhUIbVgmE

#長塚圭史 #田中哲司 #笹本玲奈 #松田龍平 #石橋静河 https://t.co/SGuETsF6sl

コメントを読む(1件)

関連する特集・インタビュー

関連記事

田中哲司のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 田中哲司 / 松田龍平 / 笹本玲奈 / 石橋静河 / 長塚圭史 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします