田中哲司・松田龍平ら出演「近松心中物語」音楽はスチャダラパー、長塚圭史の指名で

348

9月から10月にかけて神奈川・福岡・愛知・兵庫・大阪・長野で上演されるKAAT神奈川芸術劇場プロデュース「近松心中物語」の詳細が発表された。

上段左から笹本玲奈、田中哲司、松田龍平、石橋静河。下段左から朝海ひかる、石倉三郎、長塚圭史、スチャダラパー。

上段左から笹本玲奈、田中哲司、松田龍平、石橋静河。下段左から朝海ひかる、石倉三郎、長塚圭史、スチャダラパー。

大きなサイズで見る(全2件)

KAAT神奈川芸術劇場プロデュース「近松心中物語」仮チラシ

KAAT神奈川芸術劇場プロデュース「近松心中物語」仮チラシ[拡大]

KAAT神奈川芸術劇場の新芸術監督・長塚圭史の演出による「近松心中物語」は、秋元松代が近松門左衛門の「冥土の飛脚」をベースに書いた戯曲。元禄時代の大阪・新町を舞台に、飛脚屋亀屋の養子・忠兵衛と新町の遊女・梅川、忠兵衛の幼なじみで古道具商傘屋の婿養子・与兵衛と、その女房・お亀の男女2組の物語が展開する。梅川と恋に落ちた忠兵衛だったが、梅川はとある大尽との身請け話が進んでいて……。

忠兵衛役を田中哲司、与兵衛役を松田龍平、梅川役を笹本玲奈、お亀役を石橋静河が担うほか、出演者には綾田俊樹石橋亜希子、山口雅義、清水葉月章平青山美郷辻本耕志益山寛司延増静美松田洋治蔵下穂波朝海ひかる石倉三郎らが名を連ねた。上演に向け、長塚は「神奈川県が生んだ稀代の劇作家秋元松代の代表作。KAAT神奈川芸術劇場初のシーズン制、演出第1弾に決めたことは 必然と言って過言ではありません。近松門左衛門の浄瑠璃から元禄の人間模様を力強く現在に描き出した 秋元戯曲の台詞の力を体現出来れば」と意気込みを述べる。

また長塚からの指名で、本作の音楽をスチャダラパーが担当することも明らかに。メンバーのANIは「期待に添えるよう気張っていきます」、Boseは「反則スレスレのカウンターパンチを狙って、頑張っていきたい」、SHINCOは「令和と江戸を繋ぐという長塚さんのチャレンジに、何とか力添えになれるよう、スチャダラなりのやり方で頑張りたい」とそれぞれコメントした。

公演は、9月4日から20日まで神奈川・KAAT神奈川芸術劇場 ホール、25・26日に福岡・北九州芸術劇場 中劇場、10月1日から3日まで愛知・穂の国とよはし芸術劇場PLAT 主ホール、8日から10日まで兵庫・兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール、13日に大阪・枚方市総合文化芸術センター 関西医大 大ホール、16・17日に長野・まつもと市民芸術館 主ホールで行われる。

長塚圭史コメント

元禄の世に咲いた境遇の違う二つの恋の情景は、
格差を問われる現在により深く突き刺さります。

この戯曲の煌びやかさの本性を改めて炙り出し、
台詞の深淵を紐解いて、現在ここに追い詰められた生の肉体を描き出したいのです。

金に追い詰められる忠兵衛と梅川のあまりに切ない境涯と、
裕福ながらも自ら堕ちることに愛を見出す若いお亀の純真。
そしてそうした世間と折り合いがつかぬかのように
この情景を心に留めて次代へ繋がってゆく与兵衛。
この四人の人間模様を現代に抽出したい。

神奈川県が生んだ稀代の劇作家秋元松代の代表作。
KAAT神奈川芸術劇場初のシーズン制、演出第1弾に決めたことは
必然と言って過言ではありません。

近松門左衛門の浄瑠璃から元禄の人間模様を力強く現在に描き出した
秋元戯曲の台詞の力を体現出来ればと。

スチャダラパー ANIコメント

芸術監督からのご指名により、大役任されました。

期待に添えるよう気張っていきます。

スチャダラパー Boseコメント

数々の名優、作家たちによって再演が繰り返されてきた大きな作品の音楽を担当するにあたって、我々としては「まともに立ち向かっても勝てるわけがない」を合言葉に、反則スレスレのカウンターパンチを狙って、頑張っていきたいと思っています。

スチャダラパー SHINCOコメント

令和と江戸を繋ぐという長塚さんのチャレンジに、何とか力添えになれるよう、

スチャダラなりのやり方で頑張りたいと思います。

この記事の画像(全2件)

KAAT神奈川芸術劇場プロデュース「近松心中物語」

2021年9月4日(土)~20日(月・祝)
神奈川県 KAAT神奈川芸術劇場 ホール

2021年9月25日(土)・26日(日)
福岡県 北九州芸術劇場 中劇場

2021年10月1日(金)~3日(日)
愛知県 穂の国とよはし芸術劇場PLAT 主ホール

2021年10月8日(金)~10日(日)
兵庫県 兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール

2021年10月13日(水)
大阪府 枚方市総合文化芸術センター 関西医大 大ホール

2021年10月16日(土)・17日(日)
長野県 まつもと市民芸術館 主ホール

作:秋元松代
演出:長塚圭史
音楽:スチャダラパー
出演:田中哲司 / 松田龍平笹本玲奈 / 石橋静河 / 綾田俊樹石橋亜希子、山口雅義、清水葉月章平青山美郷 / 辻本耕志益山寛司延増静美松田洋治蔵下穂波 / 藤戸野絵、福長里恩 / 藤野蒼生 / 朝海ひかる石倉三郎

※福長里恩と藤野蒼生はWキャストでの出演。

全文を表示

関連記事

長塚圭史のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 長塚圭史 / スチャダラパー / 田中哲司 / 松田龍平 / 笹本玲奈 / 石橋静河 / 綾田俊樹 / 石橋亜希子 / 清水葉月 / 章平 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします