イッツフォーリーズのミュージカル「魍魎の匣」小西遼生が京極堂に、演出は板垣恭一

1

2522

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 1605 801
  • 116 シェア

イッツフォーリーズによるミュージカル「魍魎の匣」が、11月10日から15日まで東京・オルタナティブシアターで上演される。

イッツフォーリーズ公演 ミュージカル「魍魎の匣」出演者

イッツフォーリーズ公演 ミュージカル「魍魎の匣」出演者

大きなサイズで見る

これは京極夏彦の推理小説「魍魎の匣」を原作としたミュージカル作品。同作はこれまでにマンガ化、アニメ化されているほか、堤真一ら出演の映画版や、橘ケンチら出演の舞台版も製作されている。

初のミュージカル化となる今回は、上演台本・歌詞・演出を板垣恭一、作曲・音楽監督を小澤時史が担い、板垣とミュージカル「フランケンシュタイン」でタッグを組んだ小西遼生が“京極堂”こと中禅寺秋彦役で主演を務める。またイッツフォーリーズの吉田雄が木場刑事、北村諒が榎木津礼二郎、イッツフォーリーズの神澤直也が関口巽を演じるほか、熊谷彩春加藤将池岡亮介、そしてイッツフォーリーズ出身の駒田一もキャスティングされた。

板垣は「見どころは大きく3つ。1つ目はスピード感。長大なストーリーを素早く展開させるノンストップ・ミュージカルを目指します。2つ目は原作世界観の再現。映像で投写されるのは、ひたすら『文字』です。聞きなれない言葉、難しい漢字をビジュアル化して、小説のページをめくっているかのような観劇体験を目指します。3つ目はキャストの妙。主演の小西遼生氏、元劇団員の駒田一氏を中心とする豪華な外部出演者と、劇団員が混ざり合って演技の火花を散らします」とコメントする。

小西は「慎重すぎるほどに慎重で、事件解決には腰が重い中禅寺が、個性豊かな他の登場人物と、この度の事件と、どのように関わりを持っていくのか、、脚本と音楽が手元に届くのを心待ちにしたいと思います。きっと皆様にお目にかかる頃には、素晴らしい作品が出来上がっていることでしょう。この世には不思議なことなど何も無いのだから」と、原作の中禅寺秋彦のセリフを引用しながら期待を語った。チケットの一般販売は8月20日11:00にスタートする。

板垣恭一コメント

「新作ミュージカルを一緒に作りましょう」と持ちかけられた僕は、どうせなら今までのミュージカルにないような題材をと考え、才人・京極夏彦氏の小説「魍魎の匣」を提案しました。ファンの方には「レンガ」と称される、あの分厚い小説です。複雑で多彩な人間関係、重厚な謎解き、そして昭和27年の日本。この傑作小説をミュージカルにしてみませんかと伝え、企画が動き出しました。

見どころは大きく3つ。1つ目はスピード感。長大なストーリーを素早く展開させるノンストップ・ミュージカルを目指します。2つ目は原作世界観の再現。映像で投写されるのは、ひたすら「文字」です。聞きなれない言葉、難しい漢字をビジュアル化して、小説のページをめくっているかのような観劇体験を目指します。3つ目はキャストの妙。主演の小西遼生氏、元劇団員の駒田一氏を中心とする豪華な外部出演者と、劇団員が混ざり合って演技の火花を散らします。

「魍魎の匣」は「百鬼夜行シリーズ」の二作目にあたり、時代設定は前作「姑獲鳥の夏(うぶめのなつ)」同様、昭和27年(1952年)です。同年4月、サンフランシスコ平和条約が発効され、日本は主権を回復したと言われています。つまり現代日本がスタートした年なのです。もしかして京極夏彦氏はこのシリーズで「現代の古典」を書こうとされているのではないか、つまり現代に通底する真理を描こうとしてのではないでしょうか。本作では「科学」と「情念」という真逆な要素が絡み合います。それは、世界は計算で割り切れるはずと考えたい我々と、感情に振り回され己をコントロールできない我々、つまり今現在の私たちそのものだと僕は感じています。

見たことのないようなミュージカルを作り出すのが目標です。劇場でお待ちしておりますので、どうぞご期待ください。

小西遼生コメント

この度、中禅寺秋彦役を務めさせて頂きます小西遼生です。この複雑怪奇な物語に音楽をのせて、一からまた新たなるミュージカル作品を創れる喜びを感じています。

馴染みある板垣恭一さんの脚本・作詞・演出と、以前よりご一緒してみたかった音楽家・小澤時史さんのタッグ、そしてオリジナルミュージカルに精力的に挑み続けているイッツフォーリーズの面々との共演も心強く、とても楽しみです。

とはいえ慎重すぎるほどに慎重で、事件解決には腰が重い中禅寺が、個性豊かな他の登場人物と、この度の事件と、どのように関わりを持っていくのか、、

脚本と音楽が手元に届くのを心待ちにしたいと思います。

きっと皆様にお目にかかる頃には、素晴らしい作品が出来上がっていることでしょう。

この世には不思議なことなど何も無いのだから。

吉田雄コメント

京極夏彦さんの原作を読んだ時、難解だけど面白く、もし自分が配役されるなら、絶対、木場刑事をやってみたいと思っていたので、演出の板垣さんから指名されたときは感無量でした。初めての刑事役に全力で取り組み、板垣さんや初顔合わせの共演者の皆さんと火花を散らして舞台を作っていきたいです。劇団の先輩である駒田一さんと共演するのも今から楽しみです。イッツフォーリーズの舞台をご覧になったことがない方も是非、観ていただきたい作品にしたいと思っています。

北村諒コメント

榎木津礼二郎を演じます、北村諒です。

すでに様々な展開をしている魍魎の匣。沢山の方に愛されている作品で、榎木津礼二郎を演じれること、とても嬉しく思います!

原作のもつ雰囲気をしっかり舞台上で表現できるよう、そして観に来てくださる皆様に楽しんでいただけるよう、全身全霊で挑みます。

学ぶことも多いと思うので、今から楽しみです!

神澤直也コメント

僕が演じる関口巽と僕の年齢は 10 歳ほど離れていますが、いかに違和感なく演じられるか、僕自身が演じることに意味があるようなキャラクターに仕上げていくのが課題です。

「魍魎の匣」はミステリーが苦手な人にも面白いと思っていただける作品です。原作の面白さをミュージカルにすることでまた違った味わいが出て来ると思っています。

イッツフォーリーズ公演 ミュージカル「魍魎の匣」

2021年11月10日(水)~15日(月)
東京都 オルタナティブシアター

原作:京極夏彦
上演台本・歌詞・演出:板垣恭一
作曲・音楽監督:小澤時史
出演:小西遼生、吉田雄、北村諒、神澤直也、大川永、熊谷彩春万里紗 / 徳岡明、加藤将池岡亮介横田剛基、宮田佳奈、米谷美穂、金村瞳 / 神野紗瑛子、堀内俊哉、浅川仁志、森隆二 / 駒田一 ほか

※徳岡明の「徳」は旧字が正式表記。

全文を表示

読者の反応

  • 1

ステージナタリー @stage_natalie

イッツフォーリーズのミュージカル「魍魎の匣」小西遼生が京極堂に、演出は板垣恭一
https://t.co/THWvHJS7TI

#小西遼生 #吉田雄 #北村諒 #神澤直也 #熊谷彩春 #加藤将 #池岡亮介 #駒田一 #板垣恭一 #イッツフォーリーズ https://t.co/W0WWIk2ykj

コメントを読む(1件)

関連記事

小西遼生のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 小西遼生 / 吉田雄希 / 北村諒 / 熊谷彩春 / 万里紗 / 加藤将 / 池岡亮介 / 横田剛基 / 浅川仁志 / 駒田一 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします