ティボルト目線で「ロミオとジュリエット」描く朗読劇に浪川大輔・冨永みーな

291

朗読劇「名作異聞 ロミオとジュリエット~ ティボルト その恋の犠牲者~」が、7月31日・ 8月1日に東京・東京芸術劇場 プレイハウスで上演される。

朗読劇「名作異聞 ロミオとジュリエット~ ティボルト その恋の犠牲者~」ロゴ

朗読劇「名作異聞 ロミオとジュリエット~ ティボルト その恋の犠牲者~」ロゴ

大きなサイズで見る(全8件)

浪川大輔

浪川大輔[拡大]

冨永みーな

冨永みーな[拡大]

ウィリアム・シェイクスピアの「ロミオとジュリエット」を原案とした本作は、ジュリエットのいとこであるティボルト目線で同作を描く朗読劇。「これは、『愛』が『恋』に敗北するまでを描く物語」というキャッチコピーが付けられており、脚本を長瀬貴弘、演出を松崎史也が担当する。キャストには、ティボルト役の浪川大輔、キャピュレット夫人役の冨永みーな、パリス役の梶原岳人、ロミオ役の熊谷健太郎、ジュリエット役の久保ユリカらが名を連ねた。

なお本作は、KADOKAWAの朗読劇ブランド・READPIAの1作品にラインナップされている。

この記事の画像(全8件)

朗読劇「名作異聞 ロミオとジュリエット~ ティボルト その恋の犠牲者~」

2021年7月31日(土)・8月1日(日)
東京都 東京芸術劇場 プレイハウス

原案:ウィリアム・シェイクスピア「ロミオとジュリエット」
脚本:長瀬貴弘
演出:松崎史也

キャスト

ティボルト:浪川大輔
キャピュレット夫人:冨永みーな
パリス:梶原岳人
ロミオ:熊谷健太郎
ジュリエット:久保ユリカ
アンサンブル:新堂陽斗、林瑞貴

全文を表示
(c)Strange tale (c)READPIA

関連記事

浪川大輔のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 浪川大輔 / 冨永みーな / 梶原岳人 / 熊谷健太郎 / 久保ユリカ / 林瑞貴 / ウィリアム・シェイクスピア / 松崎史也 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします