聖徳太子は誓いを果たすため京都へ、玉田玉秀斎の講談シリーズ「京都がたり」第2弾

59

よみがえる京都講談「玉田玉秀斎の『京都がたり』」の第2弾が、6月25・26日に京都・京都劇場 ロビーで上演される。

玉田玉秀斎

玉田玉秀斎

大きなサイズで見る

「京都がたり」は、玉田玉秀斎が京都を舞台にした物語を、講談で語るシリーズ。約1年半ぶりの開催となる今回は、今年没後1400年を迎える聖徳太子(厩戸皇子)と京都をテーマにした講談が披露される。

蘇我氏と物部氏の戦いで、蘇我氏側についていた厩戸皇子。劣勢の中、厩戸皇子は四天王を掘り上げ、「この戦いに勝つことができれば、四天王を安置する寺院を建立し、この世のすべての人々を救済する」と誓う。その後、戦いに勝利した厩戸皇子は、誓いを果たすため、小野妹子と共に京都に向かい……。出演者には玉秀斎のほか、玉田玉山が名を連ねている。上演時間は約1時間を予定。

京都劇場ロビー企画 よみがえる京都講談「玉田玉秀斎の『京都がたり』」第弐回

2021年6月25日(金)・26日(土)
京都府 京都劇場 ロビー

講談「聖徳太子と京都」

出演:玉田玉秀斎、玉田玉山

全文を表示

関連記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします