吉田鋼太郎・中嶋朋子・藤原竜也が魅力を語る「いまこそ、シェイクスピア」

320

「いまこそ、シェイクスピア」が5月15日にNHK BSプレミアム / BS4Kで放送される。

「いまこそ、シェイクスピア」はシェイクスピア作品に多く出演する吉田鋼太郎中嶋朋子藤原竜也が、その魅力を語る番組。3人に加え、東京大学教授で英文学者の河合祥一郎が出演し、シェイクスピアの魅力について、熱いトークを繰り広げる。また、番組ではシェイクスピアの戯曲「ロミオとジュリエット」や「ハムレット」の知られざる真実も明らかに。また、VTR出演で大竹しのぶ市村正親市川猿之助横田栄司らが登場。大竹は「コロナのいまこそ見るべき理由」、猿之助は「日本人からみたシェイクスピア」についてそれぞれ分析する。番組収録を終えた吉田、中嶋、藤原のコメントは下記のとおり。

吉田鋼太郎コメント

番組に出演して感じたのは、「あらためてシェイクスピアってすごい」ってことです。ペストが猛威を振るっていた時代に、シェイクスピア劇はその言葉と旋律で人々に希望と勇気を与えてくれました。シェイクスピア劇のメッセージは「最後は大丈夫だよ。乱れていた調べが、最後にはちゃんと元に戻るよ」というもの。新型コロナウイルスで大変ないまこそ見る価値があるし、見てほしい作品ばかりです。

まだシェイクスピア劇に触れたことない人にはぜひこの機会に一度、シェイクスピア劇の奥深さを体感してほしいです。

中嶋朋子コメント

今回の収録は本当に楽しく、あっという間の時間でした。自分も演じた「ロミオとジュリエット」で2人が命を落とすことになったきっかけが「疫病=ペスト」だったなんて、初めて知り、驚きました。

シェイクスピア劇は難しいとか、上演時間が長すぎると敬遠する人も多いかと思いますが、全部をわかろうとせず、役者の演技を感じてくれるだけでも価値があると思います。シェイクスピア劇には見終わった後に間違いなく心が清涼感で満たされる「心の自浄作用」があると思いますので、コロナ禍のいまこそ、多くの人に見てほしいです。

藤原竜也コメント

シェイクスピア劇の本質はやはり「言葉」。さりげない言葉やセリフでも高級で、見る側に力を与えてくれます。だからこそ、400年も愛されてきたんだと思います。その一方で、演じる側にとってみたら、シェイクスピア劇はとてつもなく高く険しい山。シェイクスピアを演じるときは本当に大変で、家に帰ってもセリフのことが頭から離れず、テレビなどの生活音がノイズにしか聞こえなくなることもあります。そんな、役者がすべてを投げうって挑む舞台をぜひ、感じてほしいです。

NHK BSプレミアム / BS4K「いまこそ、シェイクスピア」

2021年5月15日(土)22:30~23:59

出演:吉田鋼太郎中嶋朋子藤原竜也河合祥一郎
VTR出演:大竹しのぶ市村正親市川猿之助横田栄司 ほか

全文を表示

吉田鋼太郎のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 吉田鋼太郎 / 中嶋朋子 / 藤原竜也 / 河合祥一郎 / 大竹しのぶ / 市村正親 / 市川猿之助 / 横田栄司 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします