鳥越裕貴ら出演「文豪ストレイドッグス DEAD APPLE」が大阪で幕開け

3511

舞台「文豪ストレイドッグス DEAD APPLE」が、本日4月16日に大阪・COOL JAPAN PARK OSAKA WWホールで開幕した。

舞台「文豪ストレイドッグス DEAD APPLE」より。

舞台「文豪ストレイドッグス DEAD APPLE」より。

大きなサイズで見る(全41件)

舞台「文豪ストレイドッグス DEAD APPLE」より。

舞台「文豪ストレイドッグス DEAD APPLE」より。[拡大]

舞台「文豪ストレイドッグス DEAD APPLE」より。

舞台「文豪ストレイドッグス DEAD APPLE」より。[拡大]

舞台「文豪ストレイドッグス DEAD APPLE」より。

舞台「文豪ストレイドッグス DEAD APPLE」より。[拡大]

本作は「ヤングエース」(KADOKAWA)で連載されている朝霧カフカ原作、春河35作画によるマンガ「文豪ストレイドッグス」の舞台化作品第5弾。2018年に公開された映画「文豪ストレイドッグス DEAD APPLE(デッドアップル)」のストーリーをもとに、原作者の朝霧が自ら筆を執り、自身初となる舞台脚本を書き下ろした。

劇中では、異能力者が自らの異能を使って命を断つという“ヨコハマ連続自殺事件”に端を発する物語が展開。武装探偵社、ポートマフィアはそれぞれ、事件の犯人と目される男・澁澤龍彦を追い始め……。脚本協力に内田裕基、演出に中屋敷法仁、協力に春河35がクレジットされ、キャストには中島敦役の鳥越裕貴、泉鏡花役の桑江咲菜、芥川龍之介役の橋本祥平、中原中也役の植田圭輔、太宰治役の田淵累生、フョードル・D役の岸本勇太、澁澤龍彦役の村田充らが名を連ねた。

大阪公演は4月18日まで。その後、4月23日から5月5日まで東京・日本青年館ホールで上演され、東京公演全16公演の模様がStreaming+とPIA LIVE STREAMでライブ配信される。また、9月29日には本作のBlu-ray / DVDがリリースされる。

この記事の画像(全41件)

舞台「文豪ストレイドッグス DEAD APPLE」

2021年4月16日(金)~18日(日)
大阪府 COOL JAPAN PARK OSAKA WWホール

2021年4月23日(金)~5月5日(水・祝)
東京都 日本青年館ホール

原作:映画「文豪ストレイドッグス DEAD APPLE(デッドアップル)
脚本:朝霧カフカ
脚本協力:内田裕基
演出:中屋敷法仁
協力:春河35
音楽:岩崎琢
振付:スズキ拓朗

キャスト

中島敦:鳥越裕貴
泉鏡花:桑江咲菜
芥川龍之介:橋本祥平
中原中也:植田圭輔
太宰治:田淵累生
フョードル・D:岸本勇太
澁澤龍彦:村田充

アンサンブル:大石樹、岡村樹、山中啓伍、有光麻緒、浦島優奈、小野塚茉央、小林らら、美守桃

全文を表示

※2021年4月27日追記:4月28日以降の公演は新型コロナウイルスの影響で開催自粛となりました。5月5日には無観客公演の模様がライブ配信されます。

関連記事

鳥越裕貴のほかの記事

リンク

(c)舞台「文豪ストレイドッグス DEAD APPLE」製作委員会

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 鳥越裕貴 / 桑江咲菜 / 橋本祥平 / 植田圭輔 / 田淵累生 / 岸本勇太 / 村田充 / 中屋敷法仁 / 春河35 / スズキ拓朗 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします