「亡国のワルツ」“革命家”前山剛久&廣瀬友祐のビジュアル公開、北原里英も出演

311

少年社中の毛利亘宏が作・演出を手がける「FICTIONAL STAGE『亡国のワルツ』」のキービジュアルが解禁された。

「FICTIONAL STAGE『亡国のワルツ』」キービジュアル

「FICTIONAL STAGE『亡国のワルツ』」キービジュアル

大きなサイズで見る(全11件)

“現体制に異を唱える若き革命家”をテーマにしたビジュアルには、W主演を務める前山剛久廣瀬友祐の姿が写し出されている。併せて本作に、北原里英が出演することも明らかに。いつか毛利の舞台に参加したかったと言う北原は「とてもとても嬉しいです。みなぎっております」と胸の内を語り、「革命家6人の中で唯一の女性ですが性別関係なく、フルパワーでお芝居できたらなと思っています。内容も、今の日本にグサっと刺さる点もあるので、観た方が帰り道に思わず考えてしまうような、他人事ではないと思ってもらえるものにしたいです」と意気込みを述べた。

“社会派×エンターテインメント”を掲げる本作では、虚構の“日本”を舞台に、スパイを探す密室劇が展開。自衛軍が“日本”を守るその時代、オリンピックが迫る中で、自主独立のため自衛軍を存続させたい者たちと、平和憲法を遵守し、自衛軍の解体を求める者とで、世論は割れていた。そんな中、首相誘拐を企む6人の革命家が廃ラウンジに集まり……。

既報の通り本作には、荒井敦史、少年社中の廿浦裕介長谷川太郎多和田任益奥田達士小川菜摘も出演する。公演は4月16日から29日まで東京・あうるすぽっとにて。なお一部日程では、キャストが登壇するアフタートークが行われる。

北原里英コメント

北原里英

北原里英[拡大]

いつかご一緒したいと思っていた毛利亘宏さんの作・演出の舞台に参加できるということでとてもとても嬉しいです。みなぎっております。

革命家6人の中で唯一の女性ですが性別関係なく、フルパワーでお芝居できたらなと思っています。内容も、今の日本にグサっと刺さる点もあるので、観た方が帰り道に思わず考えてしまうような、他人事ではないと思ってもらえるものにしたいです。体幹をしっかりとして重みのある演劇にできたらな、と思っております。

個人的には一年半ぶりくらいの舞台なので、人前に立つのは緊張しますが。笑

それも含めワクワクしています。頑張ります!

この記事の画像(全11件)

「FICTIONAL STAGE『亡国のワルツ』」

2021年4月16日(金)~29日(木・祝)
東京都 あうるすぽっと

作・演出:毛利亘宏
出演:前山剛久廣瀬友祐 / 北原里英荒井敦史廿浦裕介長谷川太郎 / 多和田任益 / 奥田達士 / 小川菜摘

全文を表示

※2021年4月26日追記:4月28・29日公演は新型コロナウイルスの影響で中止になりました。なお、4月29日のライブ配信は、無観客で実施されます。

関連記事

前山剛久のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 前山剛久 / 廣瀬友祐 / 北原里英 / 荒井敦史 / 廿浦裕介 / 長谷川太郎 / 多和田任益 / 奥田達士 / 小川菜摘 / 毛利亘宏 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします