劇団俳優座×小山ゆうなが立ち上げるシニカルコメディ、「雪の中の三人」開幕

138

劇団俳優座「雪の中の三人」が、3月16日に東京・俳優座 5F稽古場で開幕した。

劇団俳優座 No.345「雪の中の三人」より。

劇団俳優座 No.345「雪の中の三人」より。

大きなサイズで見る(全5件)

劇団俳優座 No.345「雪の中の三人」より。

劇団俳優座 No.345「雪の中の三人」より。[拡大]

本作は、ドイツの詩人・小説家によるエーリッヒ・ケストナーのシニカルコメディ。今回の上演版では、ドイツ生まれの小山ゆうなが上演台本・演出を担当する。物語の舞台となるのは、ドイツの高級リゾートホテル。そこで、貧乏人に変装した億万長者、懸賞で1等賞を獲得した失業中の青年、ホテルの支配人や宿泊客を巻き込んだ大騒動が繰り広げられる。

劇団俳優座 No.345「雪の中の三人」より。

劇団俳優座 No.345「雪の中の三人」より。[拡大]

開幕に際し、小山は「コメディを演じられる俳優座のベテランの皆様があの小空間で見られる! 凄い事だと思うので沢山の方にいらして頂ければ嬉しいです」と観客に呼びかけた。

上演時間は約1時間45分。公演は3月30日まで。

小山ゆうなコメント

このコロナ禍の、夜公演、お客様にはハードルの高い初日だったかと思いますが、沢山の方が観劇下さり、暖かい初日となりました。

演劇は、そしてコメディは特にお客様の存在無しには成立しませんが、皆様が笑ったり泣いたりして下さり、作品が作品になっていく様子を共有できたことが幸せでした。コメディを演じられる俳優座のベテランの皆様があの小空間で見られる! 凄い事だと思うので沢山の方にいらして頂ければ嬉しいです。

この記事の画像(全5件)

劇団俳優座 No.345「雪の中の三人」

2021年3月16日(火)~30日(火)
東京都 俳優座 5F稽古場

原作:エーリッヒ・ケストナー
上演台本・演出:小山ゆうな
出演:青山眉子、松本潤子、森一、平田朝音、坪井木の実、川井康弘、瑞木和加子、安藤みどり、加藤頼、田中孝宗、佐藤礼菜、山田定世

全文を表示

関連記事

劇団俳優座のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 劇団俳優座 / 小山ゆうな / 加藤頼 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします