シュガー、バター、フラワー!高畑充希がパイで道を切り拓く「ウェイトレス」

943

ミュージカル「WAITRESS ウェイトレス」が東京・日生劇場で上演されている。ステージナタリーでは、3月12日18:00開演回の様子をレポートする。

ミュージカル「WAITRESS ウェイトレス」より。(写真提供:東宝演劇部)

ミュージカル「WAITRESS ウェイトレス」より。(写真提供:東宝演劇部)

大きなサイズで見る(全12件)

ミュージカル「WAITRESS ウェイトレス」より。(写真提供:東宝演劇部)

ミュージカル「WAITRESS ウェイトレス」より。(写真提供:東宝演劇部)[拡大]

本作は、2007年公開のアメリカ映画「ウェイトレス~おいしい人生のつくりかた」をもとにしたミュージカル。2016年にアメリカ・ニューヨークのブロードウェイで幕が上がり、今回が日本初演となる。パイ作りが得意な主人公ジェナ(高畑充希)は、アメリカ南部のダイナーでウェイトレスをしている。束縛の激しい夫アール(渡辺大輔)との生活から逃避するように、頭にひらめいたパイを作り続ける彼女だったが、ある日アールとの子供を妊娠していることに気付く。やがてジェナは産婦人科医のポマター(宮野真守)と、互いに既婚者だと知りながら深い仲になり……。

ミュージカル「WAITRESS ウェイトレス」より。(写真提供:東宝演劇部)

ミュージカル「WAITRESS ウェイトレス」より。(写真提供:東宝演劇部)[拡大]

開演前の舞台にはベリーパイをイメージしたデザインの幕がかかり、ステージの両袖にはたくさんのパイが入った透明ケースが柱のようにそびえ立つ。冒頭、ささやくような「シュガー、バター、フラワー(小麦粉)」という女性の歌声と共に幕が上がると、ウェイトレスの青い制服を着たジェナがオープニングナンバーを歌い、アンサンブルたちが次々に持ってくるパイの材料を受け取っては、ボウルに入れてかき混ぜていく。やがてジェナの同僚であるドーン(宮澤エマ)とベッキー(浦嶋りんこ)も姿を現し、ダイナーの仕事の様子を歌と踊りで表現して観客をストーリーに引き込んだ。

ミュージカル「WAITRESS ウェイトレス」より。(写真提供:東宝演劇部)

ミュージカル「WAITRESS ウェイトレス」より。(写真提供:東宝演劇部)[拡大]

物語はポップな音楽と、それぞれ事情を抱える登場人物たちの軽快なやりとりによって、コメディタッチで展開。予期せぬ妊娠を喜べないジェナ、男性と付き合った経験がないドーン、病気の夫を介護しているベッキーは、気の置けない関係だからこそ、遠慮のない下ネタを交えた会話を繰り広げて観客の笑いを誘った。

ミュージカル「WAITRESS ウェイトレス」より。(写真提供:東宝演劇部)

ミュージカル「WAITRESS ウェイトレス」より。(写真提供:東宝演劇部)[拡大]

ジェナはつらいことやうれしいことがあると、「シュガー、バター、フラワー」と口ずさみながら、その出来事にちなんだパイを作る。母に教わったパイ作りはジェナの特技だが、ジェナが「父の機嫌が悪いと母がキッチンでパイ作りを教えてくれた」と語るように、彼女の中でパイ作りは家族のつらい記憶と結び付いていることが明かされた。

ミュージカル「WAITRESS ウェイトレス」より。(写真提供:東宝演劇部)

ミュージカル「WAITRESS ウェイトレス」より。(写真提供:東宝演劇部)[拡大]

高畑は、生地を混ぜたりこねたりといった動作に歌も混ぜ合わせ、ジェナのさまざまな感情をパイの中に織り込んでいく。初めは現実逃避のようにパイを作っていたジェナが、ポマターとの出会いをきっかけに、特技を生かして道を切り拓こうと行動し始めるさまを、高畑は力強く演じた。宮野扮するポマターは、ジェナが作ったパイを食べながら幸せそうな表情を浮かべ、パイのおいしさを観客に伝える。神経質だが心優しいポマターが思いの丈をジェナに語る場面では、繊細な歌声を響かせた。

ミュージカル「WAITRESS ウェイトレス」より。(写真提供:東宝演劇部)

ミュージカル「WAITRESS ウェイトレス」より。(写真提供:東宝演劇部)[拡大]

ミュージカル「WAITRESS ウェイトレス」より。(写真提供:東宝演劇部)

ミュージカル「WAITRESS ウェイトレス」より。(写真提供:東宝演劇部)[拡大]

また宮澤はヒストリーチャンネルをこよなく愛するオタクのドーンを独特の早口でコミカルに演じ、浦嶋は姉御肌のベッキーとして、包み込むような愛情深さをにじませる。さらにオギー役のおばたのお兄さんは、得意のアクロバットを生かしたパフォーマンスで会場を沸かせた。

ミュージカル「WAITRESS ウェイトレス」より。(写真提供:東宝演劇部)

ミュージカル「WAITRESS ウェイトレス」より。(写真提供:東宝演劇部)[拡大]

ミュージカル「WAITRESS ウェイトレス」より。(写真提供:東宝演劇部)

ミュージカル「WAITRESS ウェイトレス」より。(写真提供:東宝演劇部)[拡大]

なおベッキー役は浦嶋のほか、WキャストでLiLiCoも演じる。上演時間は休憩25分を含む約2時間45分。公演は3月30日まで日生劇場、4月4日から11日まで福岡・博多座、15日から19日まで大阪・梅田芸術劇場 メインホール、29日から5月2日まで愛知・御園座にて。

この記事の画像(全12件)

ミュージカル「WAITRESS ウェイトレス」

2021年3月9日(火)~30日(火)
東京都 日生劇場

2021年4月4日(日)~11日(日)
福岡県 博多座

2021年4月15日(木)~19日(月)
大阪府 梅田芸術劇場 メインホール

2021年4月29日(木・祝)~5月2日(日)
愛知県 御園座

脚本:ジェシー・ネルソン
音楽・歌詞:サラ・バレリス
原作映画製作:エイドリアン・シェリー
オリジナルブロードウェイ振付:ロリン・ラッターロ
オリジナルブロードウェイ演出:ダイアン・パウルス
翻訳・訳詞:高橋知伽江
日本版演出補:上田一豪
出演:高畑充希宮野真守宮澤エマLiLiCo(Wキャスト)、浦嶋りんこ(Wキャスト) / 渡辺大輔おばたのお兄さん勝矢佐藤正宏 / 黒沼亮、田中真由、茶谷健太、中野太一、藤森蓮華、麦嶋真帆、渡辺七海、藤咲みどり(スウィング) / 金子莉彩、御園紬、望月彩生

全文を表示

関連記事

高畑充希のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 高畑充希 / 宮野真守 / 宮澤エマ / 浦嶋りんこ / LiLiCo / 渡辺大輔 / おばたのお兄さん / 勝矢 / 佐藤正宏 / ジェシー・ネルソン の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします