渡辺えりが二十歳のお嬢様役に「生まれて初めて」と感慨、「お染与太郎珍道中」本日開幕

64

「喜劇 お染与太郎珍道中」が、本日2月1日に東京・新橋演舞場で開幕。これに先駆け、昨日1月31日に初日前会見とゲネプロが行われた。

新橋演舞場・南座 2月公演「喜劇 お染与太郎珍道中」より。(c)松竹

新橋演舞場・南座 2月公演「喜劇 お染与太郎珍道中」より。(c)松竹

大きなサイズで見る(全12件)

新橋演舞場・南座 2月公演「喜劇 お染与太郎珍道中」より。(c)松竹

新橋演舞場・南座 2月公演「喜劇 お染与太郎珍道中」より。(c)松竹[拡大]

渡辺えり八嶋智人が主演する「喜劇 お染与太郎珍道中」は、1979年に初演された劇作家・小野田勇の「与太郎めおと旅」をもとに、寺十吾が演出を手がける作品。本作では、江戸時代を舞台に、渡辺演じる箱入り娘・お染と、八嶋演じるお染の手代・与太郎が、表向きは夫婦となり京都を目指す物語が展開する。出演者には渡辺と八嶋のほか、太川陽介宇梶剛士石井愃一深沢敦春海四方石橋直也三津谷亮有薗芳記、一色采子、広岡由里子あめくみちこ西岡徳馬が名を連ねた。

左から太川陽介、八嶋智人、渡辺えり、西岡徳馬。(c)松竹

左から太川陽介、八嶋智人、渡辺えり、西岡徳馬。(c)松竹[拡大]

新橋演舞場・南座 2月公演「喜劇 お染与太郎珍道中」より。(c)松竹

新橋演舞場・南座 2月公演「喜劇 お染与太郎珍道中」より。(c)松竹[拡大]

新橋演舞場・南座 2月公演「喜劇 お染与太郎珍道中」より。(c)松竹

新橋演舞場・南座 2月公演「喜劇 お染与太郎珍道中」より。(c)松竹[拡大]

初日前会見には、渡辺、八嶋、太川、西岡が出席。自身が演じる役柄について、渡辺は「私の役は二十歳くらいの、大店のお嬢様。振袖を着て、かんざしをつけています。今年、66歳になったのですが、その役で全編通すのは生まれて初めて。小学生からずっと、学芸会でもお母さん役かおばあちゃん役でしたので……(笑)」と語る。八嶋は「僕が演じる大店の丁稚の与太郎は、少しボケたところがあって、どこか憎めない。時代的にヒエラルキーがはっきりしている中で、とぼけているがゆえに、えりさん演じるお染とは幼馴染のような関係を築けている。道中を重ねていくうちに、2人はどうなっていくのか……」と観客の期待を煽った。

十郎兵衛役の西岡は「堅い堅い堅物の浪人の役です。あまりにも堅いので、私にはぴったりだなと思って(笑)。楽に楽に堅物をやらせていただきます」とコメント。半次役の太川は「鳶頭で曲がったことが嫌いで短気。でもおっちょこちょい。愛すべきおっちょこちょいを演じられれば」と意気込みを述べた。

開幕に向け、渡辺は「お客様の精神面を支えたいという気持ちが強くあります。大声で笑ったり泣いたり、感情を表現することで精神面は豊かになっていくので、劇場に集まっていただき、その時間を共有できるということに幸せを感じます」と思いを語る。八嶋は「エンタテインメントは人間らしく生きるために必要なことだと、最初の緊急事態宣言のときに学びました。ではどうすればできるのか、届けることができるのか。いろいろなガイドラインを学んだうえで、こうして初日を迎えられるということは、人間が人間らしく生きる強さなのでは」と言葉に力を込めた。

東京公演は2月17日まで。21日から27日までは京都・南座にて上演される。

この記事の画像(全12件)

新橋演舞場・南座 2月公演「喜劇 お染与太郎珍道中」

2021年2月1日(月)~17日(水)
東京都 新橋演舞場

2021年2月21日(日)~27日(土)
京都府 南座

作:小野田勇(「与太郎めおと旅」より)
演出:寺十吾

キャスト

お染:渡辺えり
与太郎・お役者小僧:八嶋智人

べらぼう 半次:太川陽介
島田重三郎:宇梶剛士
地武太治部右衛門:石井愃一
小番頭 庄助:深沢敦
大番頭 善六:春海四方
山伏白雲坊実は同心右門:石橋直也
山伏黒雲坊実は同心伝六:三津谷亮
弥左衛門:有薗芳記
巡礼お弓:一色采子
投げ節 おこま:広岡由里子
むかで丸後におむか:あめくみちこ
泡手 十郎兵衛:西岡徳馬

※西岡徳馬の「徳」は旧字が正式表記。

全文を表示

関連記事

渡辺えりのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 渡辺えり / 八嶋智人 / 太川陽介 / 西岡徳馬 / 寺十吾 / 宇梶剛士 / 石井愃一 / 深沢敦 / 春海四方 / 石橋直也 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします