舞台「刀剣乱舞」大坂冬の陣を描く新作、あらすじが明らかに

911

「舞台『刀剣乱舞』天伝 蒼空の兵 -大坂冬の陣-」のあらすじが解禁された。

「舞台『刀剣乱舞』天伝 蒼空の兵 -大坂冬の陣-」メインビジュアル

「舞台『刀剣乱舞』天伝 蒼空の兵 -大坂冬の陣-」メインビジュアル

大きなサイズで見る(全19件)

末満健一が脚本・演出を手がける本作は、「舞台『刀剣乱舞』」シリーズ新作2部作のうちの1つ。大坂冬の陣を描く今作では、慶長19年の大坂を舞台としたストーリーが展開する。戦国時代最後の戦いとなる大坂の陣が目前に迫るこの時代に、本丸から6振りが出陣。一期一振、鯰尾藤四郎、骨喰藤四郎は徳川陣営の偵察を進めていた。時間遡行軍による干渉は確認できないものの、徳川本陣を偵察した鯰尾が、家康のそばで怪しげな従者を見かけたと報告する。その頃、山姥切国広、加州清光、宗三左文字は、潜入調査のために真田丸に入り込んでいた。やはり改変の兆しはなかったが、山姥切たちは真田丸で、かつて小田原の地で戦った男と再会し……。なおこのたび、公式サイトで本公演の電子チラシも解禁された。

出演者には一期一振役の本田礼生、鯰尾藤四郎役の前嶋曜、骨喰藤四郎役の北川尚弥、宗三左文字役の佐々木喜英、加州清光役の松田凌、太閤左文字役の北乃颯希、山姥切国広役の荒牧慶彦らが名を連ねたほか、真田信繁役の鈴木裕樹、大野治長役の姜暢雄、徳川家康役の松村雄基らもキャスティングされた。

「舞台『刀剣乱舞』天伝 蒼空の兵 -大坂冬の陣-」の公演は1月10日から3月28日まで東京・IHIステージアラウンド東京にて。4月から6月には同劇場で、「舞台『刀剣乱舞』大坂夏の陣 公演」が上演される。

この記事の画像(全19件)

TBS開局70周年記念「舞台『刀剣乱舞』天伝 蒼空の兵 -大坂冬の陣- Supported by くら寿司」

2021年1月10日(日)~3月28日(日)
東京都 IHIステージアラウンド東京

原案:「刀剣乱舞-ONLINE-」より(DMM GAMES / Nitroplus)
脚本・演出:末満健一

キャスト

一期一振:本田礼生
鯰尾藤四郎:前嶋曜
骨喰藤四郎:北川尚弥
宗三左文字:佐々木喜英
加州清光:松田凌
太閤左文字:北乃颯希

真田信繁:鈴木裕樹
大野治長:姜暢雄

豊臣秀頼:小松準弥
弥助:日南田顕久
阿形:安田桃太郎
吽形:杉山圭一

徳川家康:松村雄基

山姥切国広:荒牧慶彦

アンサンブル(五十音順):及川崇治、淡海優、奥平祐介、川手利文、工藤翔馬、小西主馬、澤田圭佑、下尾浩章、じゃっき~、新川陽、多胡亮平、田嶋悠理、日野亮太、星賢太、真鍋恭輔、宮永裕都、村山邦彦、山下潤、山中隆介、横田遼

「舞台『刀剣乱舞』大坂夏の陣 公演」

2021年4月~6月
東京都 IHIステージアラウンド東京

原案:「刀剣乱舞-ONLINE-」より(DMM GAMES / Nitroplus)
脚本・演出:末満健一

キャスト

三日月宗近:鈴木拡樹
数珠丸恒次:高本学
骨喰藤四郎:三津谷亮
薬研藤四郎:北村諒
へし切長谷部:和田雅成
鶴丸国永:染谷俊之
ほか

全文を表示

関連記事

鈴木裕樹のほかの記事

リンク

(c)舞台『刀剣乱舞』製作委員会 (c)2015 EXNOA LLC/Nitroplus

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 鈴木裕樹 / 姜暢雄 / 小松準弥 / 日南田顕久 / 安田桃太郎 / 松村雄基 / 本田礼生 / 前嶋曜 / 北乃颯希 / 北川尚弥 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします