辰巳雄大主演「ぼくの名前はズッキーニ」 、孤独な少年の成長譚に「すごくワクワク」

362

辰巳雄大(ふぉ~ゆ~)が主演を務める「ぼくの名前はズッキーニ」が、2月28日から3月14日まで東京・よみうり大手町ホール、19日から21日まで大阪・COOL JAPAN PARK OSAKA TTホールで上演される。

「ぼくの名前はズッキーニ」ビジュアル

「ぼくの名前はズッキーニ」ビジュアル

大きなサイズで見る

ぼくの名前はズッキーニ」は2002年にフランスで出版されたジル・パリスのベストセラー。とある事故で母親を亡くした少年が、引き取られた先の養護施設“みんなのいえ”で仲間や大人たちと出会い、その交流を通して前を向いて生きようとする姿を描く。原作小説はアニメ映画化され、数々の賞を受賞した。

音楽劇として世界初演される今回、ノゾエ征爾が脚本・演出を、ノゾエと過去にもタッグを組んできた田中馨が音楽を担う。キャストにはイカール(ズッキーニ)役の辰巳のほか、川島海荷稲葉友上村海成、三村朱里、本多力伊勢佳世宍戸美和公平田満が顔をそろえ、ノゾエも出演する。

辰巳は本作について「養護施設にいる子どもたちが大人に対して考えている本気の意見、大人たちが気が付かない想いがいっぱい詰まっている作品です」と説明し、「時に笑いあり、時に心をぎゅっと掴まれる、そんなストーリーです。ぜひ劇場でお待ちしております。サンキュー! サンキューですっ!」と感謝の意と共に来場を呼びかけた。

東京公演のチケットは1月30日10:00に発売スタート。大阪公演のチケット詳細は後日、公式サイトで発表される。

辰巳雄大コメント

この作品に携われる事がとても嬉しいです。そして今回日本でノゾエ征爾さん演出のもと、演劇にできるということにものすごくワクワクしています。この物語は養護施設にいる子どもたちが大人に対して考えている本気の意見、大人たちが気が付かない想いがいっぱい詰まっている作品です。僕たち大人が舞台上で誠心誠意子どもになって演じます。時に笑いあり、時に心をぎゅっと掴まれる、そんなストーリーです。ぜひ劇場でお待ちしております。サンキュー! サンキューですっ!

川島海荷コメント

孤児院へ入ることになった子供たちのお話ですが、台本を読ませていただいたとき驚いたのは、子供たちの考えていることなどが全く子供っぽくなく、むしろ自立しようと冷静に状況把握しようとしている部分でした。そう感じたからこそ、大人の年齢でもこの役をやらせていただくことに意味があるのかもしれません。共演者の方たちと良いコミニケーションを取りながら、この作品の孤独と温かさを共存させた雰囲気を作り出せればと思います。

ノゾエ征爾コメント

クレイアニメの映画がとても素晴らしくて、そこから原作小説も読み、この作品に惚れました。子どもを扱っていて子どもも触れやすくしてあるのに、子どもじみた描写をしすぎることなく、光と影がちゃんと描かれている、そこが好きでした。演劇版では生身の大人がそれらを演じることになります。嘘つくことなく、しっかりとこの人間たちの1日1日、瞬間瞬間を謳歌できたらと思います。彩り豊かなキャストが集まってくれました。人々の素敵なノイズで溢れた作品になることでしょう。

「ぼくの名前はズッキーニ」

2021年2月28日(日)~3月14日(日)
東京都 よみうり大手町ホール

2021年3月19日(金)~21日(日)
大阪府 COOL JAPAN PARK OSAKA TTホール

原作:ジル・パリス
脚本・演出:ノゾエ征爾
音楽:田中馨
出演:辰巳雄大(ふぉ~ゆ~)、川島海荷稲葉友上村海成、三村朱里、本多力 / 伊勢佳世宍戸美和公、ノゾエ征爾、平田満

全文を表示

関連記事

辰巳雄大のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 辰巳雄大 / ノゾエ征爾 / 川島海荷 / 稲葉友 / 上村海成 / 本多力 / 伊勢佳世 / 宍戸美和公 / 平田満 / ぼくの名前はズッキーニ の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします