伊東翼がソロカンパニー・夜となくを立ち上げ

59

伊東翼がソロカンパニー・夜となくを立ち上げた。

夜となくのロゴ

夜となくのロゴ

大きなサイズで見る

立ち上げに際し伊東は「計八年に渡って主宰をやらせてもらった劇団『天ぷら銀河』が〈一旦解散〉する運びとなり、それから暫くの間、なんにも創作せずに日々を過ごしておりました」と言い、「こんな状況ですが、明けない夜はないですし、夜明け前が最も暗いとも申します。こんなおっかない夜は、せめてフィクションの湯船にゆっくり浸かり、『ここではないどこか』を信じて朝を待ちたいな~と、無力感から魂を守りたいな~と、私はそんな風に思います」と思いを述べている。

カンパニーの今後の展開については続報を待とう。

伊東翼コメント

この秋、「夜となく」というソロカンパニーを立ち上げることになりました。なりましたもなにも、私が立ち上げるから、それは立ち上がるわけで、私次第といえば私次第でありつつも、どこか他人行儀な「あっそう? 立ち上げる? 大丈夫? このタイミング? あらそう」といった受動的な感覚があります。分裂症なんでしょうか。

先月、大学時代四年、社会人として四年、計八年に渡って主宰をやらせてもらった劇団「天ぷら銀河」が〈一旦解散〉する運びとなり、それから暫くの間、なんにも創作せずに日々を過ごしておりました。なんとなく不眠症になったり、ちょっとだけ歌がうまくなったり、はじめて競艇をしたり(700円負けました)したのですが、その結果、「どちらにせよ豚のような私なら、創作する豚でいたほうがいいかも」と思い、やることにしました。

ちなみに、カンパニー名の「夜となく」というのは、「夜となく昼となく」という言い回しから取りました。でも、名付けた後で、「夜と(一緒に)泣く」や「夜と(発声し)啼く」という風にも(意味が)とれるなあと思い、それはそれでいいなあと自負しております。

こんな状況ですが、明けない夜はないですし、夜明け前が最も暗いとも申します。こんなおっかない夜は、せめてフィクションの湯船にゆっくり浸かり、「ここではないどこか」を信じて朝を待ちたいな~と、無力感から魂を守りたいな~と、私はそんな風に思います。

関連記事

伊東翼のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 伊東翼 / 夜となく の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします