江戸川乱歩「人間椅子」と“令和版”が配信朗読劇に、伊東健人・中島ヨシキら出演

237

配信朗読劇「令和 人間椅子」が10月14日、配信朗読劇「人間椅子」が15日にStreaming+で配信される。

配信朗読劇「令和 人間椅子」ビジュアル

配信朗読劇「令和 人間椅子」ビジュアル

大きなサイズで見る

これは、小説「スマホを落としただけなのに」シリーズで知られる小説家・志駕晃が、江戸川乱歩の「人間椅子」を現代版に翻案した作品「令和 人間椅子」と、原作の「人間椅子」を菅沼尚宏の演出で朗読劇化するもの。「令和 人間椅子」には伊東健人佐藤聡美、南早紀、「人間椅子」には中島ヨシキ大空直美が出演する。

志駕は「日常と狂気の紙一重のところが、スマホ1つで恐怖のどん底に落ちる現代社会にも相通じると思いました」と原作小説に触れつつ、「令和の今、『人間椅子』を翻案したらどうなるだろうと思い本作を書きましたが、楽しんでいただけたら望外の幸せです」とコメント。また菅沼は「リアル知能と人工知能の戦い。それは、100年前に日常の中の狂気を描いた江戸川乱歩と、スマホから狂気を描いた志駕晃との戦いに似ていると思います」と語り、伊東は自身が出演する「令和 人間椅子」について「これからの時代、令和のうちにこんな事が起こらないとも限らないのではないか??と思わされる様な、不思議な生々しさがあって、シナリオを読み進める手が止まりませんでした。音声劇になることで、より物語に奥行きを持たせる事が出来れば」と意気込みを述べた。

上映時間はいずれも約1時間30分で、本編のあとにはトークショーが実施される予定。なおアーカイブ映像は10月18日23:59まで視聴可能だ。

志駕晃コメント

私がミステリーを書こうと思い様々な作品を読み漁りましたが、最も感銘を受けさらに参考となったのは推理小説界の巨匠・江戸川乱歩の作品でした。普通の生活のすぐ近くで、猟奇的でグロテスクな事件が進行する。そんな日常と狂気の紙一重のところが、スマホ1つで恐怖のどん底に落ちる現代社会にも相通じると思いました。令和の今、「人間椅子」を翻案したらどうなるだろうと思い本作を書きましたが、楽しんでいただけたら望外の幸せです。

菅沼尚宏コメント

思考は生命あるものの特権だと思います。しかし科学は未知の世界へ突入しました。リアル知能と人工知能の戦い。それは、100年前に日常の中の狂気を描いた江戸川乱歩と、スマホから狂気を描いた志駕晃との戦いに似ていると思います。「志駕版人間椅子」対「乱歩版人間椅子」あなたを迷宮の世界にいざないます。あなたはどのツールでこの作品をご覧になりますか? スマホですか? タブレットですか? パソコンですか? そのツールは、あなたをどう見ているでしょうか。

伊東健人コメント

この度「令和 人間椅子」の朗読劇に出演することになりました。「人間椅子」といえば、日本を代表する短編スリラー。その作品が見事に現代……または少し未来のバージョンとしてアレンジされています。これからの時代、令和のうちにこんな事が起こらないとも限らないのではないか??と思わされる様な、不思議な生々しさがあって、シナリオを読み進める手が止まりませんでした。音声劇になることで、より物語に奥行きを持たせる事が出来ればと思います。

配信朗読劇「令和 人間椅子」

2020年10月14日(水)19:00~

原作:志駕晃
演出:菅沼尚宏
出演:伊東健人佐藤聡美、南早紀

配信朗読劇「人間椅子」

2020年10月15日(木)19:00~

原作:江戸川乱歩
演出:菅沼尚宏
出演:中島ヨシキ大空直美

全文を表示

関連記事

伊東健人のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 伊東健人 / 中島ヨシキ / 佐藤聡美 / 大空直美 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします