四次元的錯覚を映像で、ままごと「反復かつ連続」がオンライン配信

71

ままごと「反復かつ連続」が9月22日にオンライン配信される。

ままごと「反復かつ連続」オンライン配信ビジュアル

ままごと「反復かつ連続」オンライン配信ビジュアル

大きなサイズで見る

「反復かつ連続」は、2007年に多重録音を用いて創作された、柴幸男の初期短編作品。ある家族の朝の風景を、1人の俳優が描き出す。今回は映像担当として須藤崇規が参加し、映像作品として再構成される。なお配信はZoomウェビナーを介したリアルタイム配信と、ままごとのYouTubeチャンネルにて公開されるアーカイブ配信があり、リアルタイム配信は柴と小山薫子によるトークと1週間の見逃し配信視聴が可能で500円、アーカイブ配信はトークなし本編のみで無料となっている。詳細は公式サイトで確認を。

配信に向けて柴は「演劇をつくるときいつも起こしたいと思っている四次元的錯覚。それが映像でもできるとリハーサルの中でわかって少し興奮しています」とコメントしている。

柴幸男コメント

かつての作品を今の俳優と今の思考で検証したい。それが今年6月に予定していたままごと短編集の企画意図でした。公演は中止となりましたが、リハーサルはずっと続けていて、ようやく発表できることになりました。 演劇をつくるときいつも起こしたいと思っている四次元的錯覚。それが映像でもできるとリハーサルの中でわかって少し興奮しています。朝の作品は朝の時間に。2020年9月22日火曜日の朝、お待ちしています。

ままごと「反復かつ連続」オンライン配信

2020年9月22日(火・祝)8:30~9:30

作・演出:柴幸男
映像:須藤崇規
出演:小山薫子

全文を表示

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 ままごと / 柴幸男 / 小山薫子 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします