浪花グランドロマンが“場”に居合わせた人々描く、30周年記念公演「吐息を見つめて」

11

浪花グランドロマン「吐息を見つめて」が8月14日から16日まで、大阪・ウイングフィールドで上演される。

浪花グランドロマン「吐息を見つめて」チラシ表

浪花グランドロマン「吐息を見つめて」チラシ表

大きなサイズで見る(全2件)

浪花グランドロマンは、大阪市立大学OBを中心に1989年に設立された劇団。25年にわたり野外テント劇を上演していたが、近年は年1回のペースで劇場公演を、年数回のペースでアトリエ公演を行っている。

「吐息を見つめて」はそんな彼らの30周年記念公演第1弾。本作は2008年に実際に起きた個室ビデオ店放火事件を題材にしたもので、とある雑居ビルの最上階にあった劇場跡を舞台に物語が展開する。劇中では“場”に居合わせた人々の姿から、“現代社会の孤立”が描かれる。

作・演出家の浦部蒼士のもと、キャストには東風ふみ、つげともこ、響音次郎、めり、中谷仁美、関角直子、古川智子、鎌田恵弥、出本雅博がそろった。なお、公演は新型コロナウイルス感染拡大予防策を施して上演される。

この記事の画像(全2件)

浪花グランドロマン「吐息を見つめて」

2020年8月14日(金)~16日(日)
大阪府 ウイングフィールド

作・演出:浦部蒼士
出演:東風ふみ、つげともこ、響音次郎、めり、中谷仁美、関角直子 / 古川智子、鎌田恵弥、出本雅博

全文を表示

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします