串田和美らTCアルプと小川絵梨子のタッグ再び、「じゃり」

40

TCアルププロジェクト「じゃり」が、7月16日から18日まで長野・まつもと市民芸術館 小ホール、7月22日から26日まで同・上土劇場にて上演される。

TCアルプ プロジェクト「じゃり」仮チラシ

TCアルプ プロジェクト「じゃり」仮チラシ

大きなサイズで見る(全1件)

これは、まつもと市民芸術館を拠点に活動する劇団・TCアルプの新作舞台。「自分はユビュ王だ」と、自ら作り出した世界に迷い込んだ「ユビュ王」の作者アルフレッド・ジャリに迫る物語だ。

脚本・演出を手がけるのは、2015年に上演された「ユビュ王」以来のタッグとなる小川絵梨子。出演者にはTCアルプメンバーの串田和美をはじめ、近藤隼武居卓細川貴司下地尚子深沢豊草光純太坂本慶介が名を連ねた。チケットは6月6日に発売予定。

なおTCアルププロジェクト「じゃり」関連イベントとして人狼ゲーム「ユビュ狼」が会議アプリZoomを用いて実施される。第1回は5月24日17:00~18:00頃、第2回は27日17:00~18:00頃、第3回は30日14:00~15:00頃、第4回は30日17:00~18:00頃、第5回は31日17:00~18:00頃。参加には事前申込が必要で、第1、2回分は受付終了、第3回分以降は28日23:59まで受け付けられる。詳細は劇場公式サイトで確認を。

TCアルププロジェクト「じゃり」

2020年7月16日(木)~18日(土)
長野県 まつもと市民芸術館 小ホール

2020年7月22日(水)~26日(日)
長野県 上土劇場

脚本・演出:小川絵梨子
出演:TCアルプ串田和美近藤隼武居卓細川貴司下地尚子深沢豊草光純太坂本慶介

リンク