「舞台版 誰ガ為のアルケミスト」9公演をニコニコ生放送で無観客配信

131

「『舞台版 誰ガ為のアルケミスト』~聖ガ剣、十ノ戒~」の無観客生配信が、明日3月13日からニコニコ生放送でスタートする。

「『舞台版 誰ガ為のアルケミスト』~聖ガ剣、十ノ戒~」メインビジュアル

「『舞台版 誰ガ為のアルケミスト』~聖ガ剣、十ノ戒~」メインビジュアル

大きなサイズで見る

これは新型コロナウイルスの影響を受け、公演が中止されたことに伴うもの。今回の配信では、3月13日から22日まで東京・新宿FACEで上演予定だった15公演のうち9公演を、ニコニコ生放送を通じて視聴することができる。視聴チケットの料金は通常価格が2600円、ニコニコ動画プレミアム会員価格が2000円だ。

今回の配信について、今泉潤プロデューサーは「あまり知られていないかもしれませんが、舞台は1公演に対してギャランティーをお支払いする形がほとんどです。もちろんこのような状況ですので様々な考慮を最大限していきたいと考えていますが、彼らは舞台に立つことが仕事なのです。そんなことを考えた結果、無観客でも毎日公演をしようと提案しました。そして、それを毎日配信できるようにと調整しておりました。1回だけ舞台公演をしてそれを配信するのが普通かと思いますが、同じ舞台は存在しないとの思いから、できる限りの公演を開催します。役者たちは嫌がるかと思いましたが、みんなやる気になってくれています。観客は僕と数人のスタッフだけですが、現場で一生懸命笑ったり、泣いたりして盛り上げたいなと思います」「未曾有な事態の中、心の穏やかさを保ちづらい日々ですが、皆さんの心身の健康と一刻も早い事態の収束を願いつつ、僕らは僕らができることを続けていきたいと思います。誰かの為じゃない、あなたの為の”タガタメ”になりますように」とコメントしている。

本作は、FgGによるタクティクスRPG「誰ガ為のアルケミスト」の舞台化作品。昨年6月、9月に上演された「聖石の追憶」の続編となる今作では、原作より「獅子王の進撃編」のエピソードを新解釈・再構成した「不惑の双刀編」「不憎の呪術編」が回替わりで披露される。総合演出を今泉、脚本を谷口健太郎と深浦佑太、脚色・演出を宮城陽亮が手がけ、出演者には橘龍丸太田将熙らが名を連ねた。

「『舞台版 誰ガ為のアルケミスト』~聖ガ剣、十ノ戒~」

2020年3月13日(金)~22日(日)※一部公演をニコニコ生放送で配信。
東京都 新宿FACE

原作:今泉潤 / FgG「誰ガ為のアルケミスト」
総合演出:今泉潤
脚本:谷口健太郎、深浦佑太
脚色・演出:宮城陽亮

キャスト

クダンシュタイン:橘龍丸
ソル:太田将熙
カノン:花影香音
カグラ:小泉萌香
フューリー:永田聖一朗
オーティマ:遊馬晃祐
アハト:大薮丘

ズィーヴァ:三浦海里
フィーア:橋本全一
セーダ:花奈澪

ヤウラス:宮原華音
モンゼイン:上杉輝
バシーニ:村瀬文宣

オライオン:渡辺和貴

ゼクス:柏木佑介

舞闘兵団:福島悠介、池田竜渦爾、高見彩己子、篠崎淳志、鮫嶋一範、上島純也、園田玲欧奈篠原孝文

※篠崎淳志の「崎」は立つ崎(たつさき)が正式表記。

関連記事

リンク

(c)舞台版『誰ガ為のアルケミスト』製作委員会