劇団四季、新型コロナウイルスの影響で公演中止に

478

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、劇団四季のすべての公演が中止されることが発表された。

対象となるのは、東京・電通四季劇場[海]の「アラジン」、東京・四季劇場[夏]の「ライオンキング」、東京のキャッツ・シアターで行われている「キャッツ」、京都・京都劇場の「パリのアメリカ人」、北海道・北海道四季劇場および大阪・大阪四季劇場で上演されている「リトルマーメイド」、福岡・キャナルシティ劇場の「ノートルダムの鐘」など。中止期間は2月27日から3月8日までを予定しており、チケットの払い戻しについては後日劇団四季の公式サイトでアナウンスされる。

関連記事

劇団四季のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 劇団四季 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします