逢瀬の先には何が?野口かおる&山岸門人の二人芝居「セイムタイム~」幕開け

65

カオルノグチ現代演技「セイムタイム・ネクストイヤー」が、2月5日に東京・駅前劇場で幕を開けた。

「セイムタイム・ネクストイヤー」より、左から山岸門人演じるジョージ、野口かおる演じるドリス。(撮影:齊木恵太)

「セイムタイム・ネクストイヤー」より、左から山岸門人演じるジョージ、野口かおる演じるドリス。(撮影:齊木恵太)

大きなサイズで見る(全11件)

「セイムタイム・ネクストイヤー」より、左から山岸門人演じるジョージ、野口かおる演じるドリス。(撮影:齊木恵太)

「セイムタイム・ネクストイヤー」より、左から山岸門人演じるジョージ、野口かおる演じるドリス。(撮影:齊木恵太)[拡大]

本作は、バーナード・スレイド作、青井陽治訳の二人芝居を、明星真由美の演出、野口かおる山岸門人の出演で舞台化したもの。ひょんなことから意気投合し、一夜限りの情事におよんだジョージ(山岸)とドリス(野口)は、互いに配偶者がいると知りながらも年に一度、この場所で逢瀬を重ねることを約束する。そうして関係を続ける彼らの間に、さまざまな危機的状況が訪れて……。

「セイムタイム・ネクストイヤー」より、野口かおる演じるドリス。(撮影:齊木恵太)

「セイムタイム・ネクストイヤー」より、野口かおる演じるドリス。(撮影:齊木恵太)[拡大]

開幕に際し、明星は「開演前、3回トイレ行った経験も初めて。でも、何より、初めて出会えた、美しい光景。みっちり1カ月稽古した内容を超えて、俳優2人が観客の皆さまと新たに舞台を作っていく感動の景色。ある演出家が言っていた『俳優の上達は100の稽古より1回の本番だ』ってのを思い出す。まさに! でも100稽古したから1が語れるのだしね。あと7ステージ。まだまだ稽古……したいなぁ」とコメント。

「セイムタイム・ネクストイヤー」より、山岸門人演じるジョージ。(撮影:齊木恵太)

「セイムタイム・ネクストイヤー」より、山岸門人演じるジョージ。(撮影:齊木恵太)[拡大]

また野口は「私たちのドリスとジョージの25年の人生が、駅前劇場内特設コテージでとうとう始まりました。演劇的シズル感たっぷりに、皆さまの前にお目にかかれたらと思います。2人の逢瀬をのぞきながら、時空を旅したその先に、何が訪れるのでしょう? 秘密の時間、演劇の魔法、人生の摩訶不思議。このめくるめく男女の物語は、皆さまに観て頂いて完成します。皆さま、どうぞ劇場へ、ドキドキしにお越しください!」と来場を呼びかけた。

一方、山岸は「今までに感じたことのない気持ちで臨めた初日でした」と心境を吐露。「これが二人芝居、『セイムタイム・ネクストイヤー』の魔力なんでしょうか。野口かおるさんは駅前劇場を帝国劇場だとおっしゃっていますが、僕にとっては、役者としての始まりの劇場だと思っていて。場当たりの時に駅前劇場の小屋付きさんに『おかえりなさい』と言われた時、だいぶ涙腺にきました。2月10日まで駆け抜けます! 劇場でお待ちしております」と思いを語っている。

上演時間は約2時間5分。公演は2月10日まで。

この記事の画像(全11件)

カオルノグチ現代演技 第2技「セイムタイム・ネクストイヤー」

2020年2月5日(水)~10日(月)
東京都 駅前劇場

脚本:バーナード・スレイド(訳:青井陽治)
演出:明星真由美
出演:野口かおる山岸門人

全文を表示

関連記事

野口かおるのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 野口かおる / 山岸門人 / 明星真由美 / セイム・タイム、ネクスト・イヤー の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします