「カレイドスコープ」山本裕典のソロビジュアル解禁、出演者・スタッフコメントも

153

舞台「カレイドスコープ‐私を殺した人は無罪のまま‐」のビジュアルが公開された。

舞台「カレイドスコープ‐私を殺した人は無罪のまま‐」山本裕典のソロビジュアル。

舞台「カレイドスコープ‐私を殺した人は無罪のまま‐」山本裕典のソロビジュアル。

大きなサイズで見る(全13件)

このたびお披露目されたのは、主演を務める山本裕典のソロビジュアル。写真には、山本が白百合の置かれた机に肘を付き、前方を見据える姿が収められている。

本作は、1人の少女の死を巡る“サスペンス密室劇”。劇団時間制作の谷碧仁が脚本、吉谷光太郎が演出を担当し、出演者には山本のほか、桑野晃輔磯貝龍乎輝馬山田ジェームス武西丸優子大島涼花、木村心静、君沢ユウキ富田翔が名を連ねた。公演は2月20日から3月1日まで東京・新宿FACEにて。なお、チケットのオフィシャル先行販売は明日1月5日23:59まで受け付けられる。谷と吉谷、そして各出演者のコメントは以下の通り。

谷碧仁コメント

劇団時間制作の谷碧仁です。「王室教師ハイネ-THE MUSICALII-」以来の吉谷光太郎さんとのタッグ、そして豪華なキャスト陣、さらに素晴らしいスタッフの方々にドキドキが止まりません。「カレイドスコープ」は、僕が常日頃からやっているストレートプレイと呼ばれる種類のお芝居です。天邪鬼な部分がある僕は、こんなに素晴らしい方々だからこそ、ひたすら会話する劇が良いと思いました。次々に人間が丸裸になっていく、そんな会話劇です。

吉谷光太郎コメント

私自身初のミステリ密室劇となります。今までに培って来ました演出の手法を一度捨てて挑みたいと思います。仲間の俳優陣は信頼のおける布陣です。実力のある俳優たちで息のつまる程の演技合戦を繰り広げます。
きっと何度ご覧になっても、見え方が変わる舞台になると思います。それはまさにカレイドスコープの如く。是非劇場にてお確かめ下さい。

山本裕典コメント

山本裕典

山本裕典[拡大]

舞台「カレイドスコープ」で座長を務めさせていただきます!!
2019年に役者復帰をさせていただき、様々な舞台を経験してきました。今回の作品も共演者の方のお力を借りて、僕なりの座長を全うしたいとおもいます。
一人でも多くの演劇ファンの方に観てもらいたいし、2020年の良いスタートを切りたいと思っています!! どうかよろしくおねがいします!

桑野晃輔コメント

桑野晃輔

桑野晃輔[拡大]

夏樹陸を演じる、桑野晃輔です。
「高純度・密室劇。」本作のフライヤーのこの字が目に入り、少々胸騒ぎが。個人的にご縁のある脚本・谷くんや演出・吉谷さんはじめ頼もしいスタッフの皆様、そして個性豊かがすぎるキャストの皆様のお名前を見たとたん、更に胸騒ぎが高まりました。これはシビれる。
本番まで心臓持つのかなおれ。容疑者にされてしまう夏樹陸という役の血が自分自身に通ってきた瞬間、どんな景色が自分に見え、何を感じるのかを楽しみに、覚悟を持って足掻き苦しみ、強烈な俳優陣の皆さまと共に、板の上で闘い抜きたいと思います。
人間の綺麗も汚いも見えるであろう今作品を、この座組で超えて、圧倒的な何かを残したい。
舞台「カレイドスコープ‐私を殺した人は無罪のまま‐」是非、劇場で目撃してください。
皆様のご来場心よりお待ちしてます。

磯貝龍乎コメント

磯貝龍乎

磯貝龍乎[拡大]

とても楽しみにしています。
馴染みのある役者さんや演出家の吉谷さん。
どんなものが出来上がるのかとてもワクワクします。

輝馬コメント

輝馬

輝馬[拡大]

輝馬です!!
僕の2020年の1作目となる舞台です!
久しぶりのストレートプレイと言うことで、個人的にはすごくドキドキしているんですけど、その反面それ以上に楽しみな気持ちの方が大きかったりします。
僕自身どんな化学変化が起きるのか楽しみにしていますし、劇場に来てくれる皆さんにお芝居を楽しんでもらえるように一生懸命頑張りたいと思います!

山田ジェームス武コメント

山田ジェームス武

山田ジェームス武[拡大]

素敵な脚本、演出、演者。
それだけでも贅沢と感じる環境でお芝居をさせて頂ける事にただただ幸せです。
色んな事に挑みながら稽古で戦いながら絶対に心に残る作品にできるよう精一杯最後まで演じきります。
間違いなく“ヤバい”舞台になると思うので是非ご観劇を。

西丸優子コメント

西丸優子

西丸優子[拡大]

密室劇、サスペンス、会話劇……大好物なワードに今からワクワクしています。
今回、初めてご一緒させて頂く方々ばかりなので、新たな出会いに感謝です。
まずは、得意の人見知りを発動しないように頑張らないと……
濃密な時間をお客様にお届けできるように、作品、役に真摯に向き合っていきたいと思います。
楽しみです!

大島涼花コメント

大島涼花

大島涼花[拡大]

鮫井久美役の大島涼花です。私自身このような題材に触れるのは初めてなのでとても楽しみです。新たな私の一面を観れると思うので期待してください!
皆さんと劇場でお会いできるのを楽しみにしてます!

木村心静コメント

木村心静

木村心静[拡大]

素晴らしい方々と同じ舞台に立てること、とても嬉しく思っています。
森田かすみという重要な役を演じるのは正直不安もありますが、それ以上に楽しみな気持ちでいっぱいです。
素晴らしい舞台にできるよう、精一杯頑張ります。

君沢ユウキコメント

君沢ユウキ

君沢ユウキ[拡大]

僕は24歳まで色んな劇団をウロウロしていた根無し役者でした。
アツイ気持ちはあれど、実力も何もない。ガスも水道も止まってる。
ロクな若手時代ではなかったです。
そんなどうしようもない僕でも、いつの日にかと憧れてたのが、密室劇。
派手な転換もなく、映像もなく、役者自身が試される舞台。
あれから10年。チャンスがやってきました。
近年苦楽を共にさせてもらってきた吉谷さんも、今まで培った武器をあえて捨てて挑むと仰って下さる。
その心意気と共に、初心に戻り、あの頃の自分にピースサインしてやるため、信頼する皆と全員で挑んでゆきたいと思います。
ご期待下さい。

富田翔コメント

富田翔

富田翔[拡大]

舞台カレイドスコープにて森田凌平という役をやらせていただきます富田翔です。
まだ全貌を知らされておらず、謎多き舞台なのですが、発表されたときから期待に胸膨らませております。
事前情報が少ない中で、内容も分からない時間も楽しみにしていただき、劇場で目の当たりにする世界、空間を楽しんでいただけるように全身全霊臨ませていただきます。
この楽しみなメンバーと共に創る密室劇、是非楽しみにしてて下さい!

この記事の画像(全13件)

舞台「カレイドスコープ‐私を殺した人は無罪のまま‐」

2020年2月20日(木)~3月1日(日)
東京都 新宿FACE

脚本:谷碧仁
演出:吉谷光太郎
出演:山本裕典桑野晃輔磯貝龍乎輝馬山田ジェームス武 / 西丸優子大島涼花、木村心静 / 君沢ユウキ富田翔

全文を表示

関連記事

山本裕典のほかの記事

リンク

(c)ポリゴンマジック

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 山本裕典 / 谷碧仁 / 吉谷晃太朗 / 桑野晃輔 / 磯貝龍乎 / 輝馬 / 山田ジェームス武 / 西丸優子 / 大島涼花 / 君沢ユウキ の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします