ステージナタリー - 演劇・ダンス・ミュージカルのニュースを毎日配信

CHAiroiPLINが、坂口安吾の「桜の森の満開の下」を“おどる”

47

CHAiroiPLIN おどる小説「桜の森の満開の下」が、3月5日から8日まで、東京・あうるすぽっとで上演される。

CHAiroiPLINは、コンドルズにも所属する振付家・演出家・ダンサーのスズキ拓朗が主宰を務めるダンスカンパニー。セリフや歌、オノマトペを取り入れ、“ダンス×演劇”の新たな可能性を探っている。その一環として、戯曲やマンガ、落語から材を取ったレパートリー上演も展開しており、今回は、“おどる小説”シリーズの最新作として坂口安吾の小説「桜の森の満開の下」に挑む。

出演者はスズキのほかに、CHAiroiPLINのエリザベス・マリー、清水ゆり、ジョディ、ジントクや、岡村樹、小笠原美優、小林らら、劇団晴天鈴木彩乃、美守桃、平泳ぎ本店の二ノ戸新太、さらに第0楽章の柏木俊彦範宙遊泳埜本幸良、コンドルズの橋爪利博と、多彩な面々がそろった。

CHAiroiPLIN おどる小説「桜の森の満開の下」

2020年3月5日(木)~8日(日)
東京都 あうるすぽっと

原作:坂口安吾
振付・構成・演出:スズキ拓朗
出演:エリザベス・マリー、清水ゆり、ジョディ、ジントク、スズキ拓朗 / 岡村樹、小笠原美優、小林らら、鈴木彩乃、美守桃、二ノ戸新太、柏木俊彦埜本幸良橋爪利博

ステージナタリーをフォロー