ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

弱々しいつながりを了解してゆくプロセス、相模友士郎「エイリアンズ」開幕

33

KAC Performing Arts Program 2019 / Contemporary Dance 相模友士郎「エイリアンズ」より。(撮影:守屋友樹 / 提供:京都芸術センター)

KAC Performing Arts Program 2019 / Contemporary Dance 相模友士郎「エイリアンズ」より。(撮影:守屋友樹 / 提供:京都芸術センター)

相模友士郎「エイリアンズ」が、本日11月29日に京都・京都芸術センター フリースペースで開幕する。

相模友士郎が演出を手がける本作は、京都芸術センターが舞台表現の可能性に挑戦するシリーズ・KAC Performing Arts Programの1作。相模のほか、出演者の佐藤健大郎と白井剛が構成に携わっている。

相模は作品について「傾斜角18度の特殊な観客席で観るスタンディング方式の舞台作品です。わたしが眼差す位置は変えようがなく、それは何かを見逃すことをも意味するでしょう。しかし、わたしが見逃した何かを誰かが眼差している。そこには全体の経験を補い合う譲渡の関係があるように思えます」と紹介。さらに「この向かい合うことの叶わない状況での弱々しい繋がりを、弱々しくその空間に身を委ねながら了解してゆくプロセスは、今、世界の状況における私にとっての命題でもあります」と続けている。

定員は各回20名。上演時間は約1時間で、公演は12月1日まで。チケットの残席状況は公式サイトで確認を。

KAC Performing Arts Program 2019 / Contemporary Dance 相模友士郎「エイリアンズ」

2019年11月29日(金)~12月1日(日)
京都府 京都芸術センター フリースペース

構成:相模友士郎、佐藤健大郎、白井剛
演出:相模友士郎
ドラマトゥルク:山田咲
出演:佐藤健大郎、白井剛

ステージナタリーをフォロー