ステージナタリー - 演劇・ダンス・ミュージカルのニュースを毎日配信

“電材屋”の喫煙所を覗き見る、小松台東「ツマガリク~ン」幕開け

33

小松台東「ツマガリク~ン」より。(撮影:保坂萌)

小松台東「ツマガリク~ン」より。(撮影:保坂萌)

小松台東「ツマガリク~ン」が、昨日11月28日に東京・三鷹市芸術文化センター 星のホールで開幕した。

本作は、今年から4人体制となった同劇団の、体制変更後初の本公演。松本哲也の作・演出により、“電材屋”を舞台にした“汗と煙とホコリと恋の物語”を、全編宮崎弁で紡ぐ。出演者にはメンバーの瓜生和成今村裕次郎、松本に加え、劇団桃唄309の佐藤達、ホエイ / 劇団野の上の山田百次斉藤マッチュ櫻井竜、青年団の荻野友里長尾純子、神崎亜子、ナイロン100℃の廣川三憲が名を連ねた。

開幕に際し松本は、「津曲電機という電材屋の喫煙所を覗き見にいらしてください。細やかな悩みや悲しみ、優しさに溢れています。きっと『明日からも頑張ろう』そう思ってもらえるはず」と観客にメッセージを送っている。

上演時間は休憩なしの約2時間5分。公演は12月8日まで。

小松台東「ツマガリク~ン」

2019年11月28日(木)~12月8日(日)
東京都 三鷹市芸術文化センター 星のホール

作・演出:松本哲也
出演:瓜生和成今村裕次郎、松本哲也、佐藤達山田百次斉藤マッチュ櫻井竜荻野友里長尾純子、神崎亜子、廣川三憲

ステージナタリーをフォロー