舞踊生活25周年の熊谷拓明がつづる、“踊り続けてきた男”の物語

26

踊る熊谷拓明カンパニー 一人ダンス劇「北の空が赤く染まる時四十男がこうべを垂れる」が11月2日から30日に東京・APOCシアターにて上演される。

踊る熊谷拓明カンパニー 一人ダンス劇「北の空が赤く染まる時四十男がこうべを垂れる」チラシ表

踊る熊谷拓明カンパニー 一人ダンス劇「北の空が赤く染まる時四十男がこうべを垂れる」チラシ表

大きなサイズで見る(全2件)

本作は、今年舞踊生活25周年、生誕40周年を迎えた熊谷拓明の“一人ダンス劇”。踊ることが罰せられるようになってしまったある街を舞台に、25年間ひっそりと踊り続けてきた男の物語を描く。

この記事の画像(全2件)

踊る熊谷拓明カンパニー 一人ダンス劇「北の空が赤く染まる時四十男がこうべを垂れる」

2019年11月2日(土)~30日(土)
東京都 APOCシアター

作・演出・出演:熊谷拓明

全文を表示

関連記事

熊谷拓明のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 熊谷拓明 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします