長澤まさみが一人芝居で“難役”に挑戦、蓬莱竜太演出「ガールズ&ボーイズ」

363

2020年5月に東京・新国立劇場で上演される「ガールズ&ボーイズ -Girls & Boys-」の出演者が、長澤まさみに決定した。

長澤まさみ

長澤まさみ

大きなサイズで見る

「ガールズ&ボーイズ -Girls & Boys-」は、2018年にロンドン・ロイヤルコート劇場で初演されたデニス・ケリー作の一人芝居。今回の日本初演版では、既報の通り蓬莱竜太が演出を担当する。

公演に向けて長澤は、「実際、一人芝居のオファーを貰うなんて思いもしなかった訳ですが、私自身の成長を楽しんで下さっている観客の皆さんに面白がって貰える様、この機会を恐れずに先ずは試してみようかなと思っているというのが正直なところです」と意気込みを述べ、新国立劇場の芸術監督である小川絵梨子は、「誰にこの難役とも言える主人公を演じてもらえばいいのか……? 劇場スタッフとも話し合った末に出した結論は、長澤まさみさんなら生き生きと、繊細さと力強さの両面を持ったこの主人公を演じてもらえるのではないかということでした」と長澤に期待を寄せた。チケットの販売は2020年3月14日にスタート。

長澤まさみコメント

実際、一人芝居のオファーを貰うなんて思いもしなかった訳ですが、私自身の成長を楽しんで下さっている観客の皆さんに面白がって貰える様、この機会を恐れずに先ずは試してみようかなと思っているというのが正直なところです。
演出の蓬莱さんをはじめ制作スタッフやチームの皆さんと一緒に同じ方向を向いて歩いて行けたらと思います。

新国立劇場芸術監督・小川絵梨子コメント

2018年2月、ロンドンのロイヤルコート劇場でこの作品、「ガールズ&ボーイズ」の初演を観劇し、まさにいまの時代を映した秀逸な女性の一人芝居であり、「この作品をぜひ日本で上演できないか」と考えました。
しかし、素晴らしい作品ではあるけれど、演じる俳優にとってかなりハードルが高いことは間違いない。
そして誰にこの難役とも言える主人公を演じてもらえばいいのか……?
劇場スタッフとも話し合った末に出した結論は、長澤まさみさんなら生き生きと、繊細さと力強さの両面を持ったこの主人公を演じてもらえるのではないかということでした。長澤さん、そして演出の蓬莱竜太さんとともに、2020年5月、念願の日本初演に向けてスタートしたいと思います。

「ガールズ&ボーイズ -Girls & Boys-」

2020年5月
東京都 新国立劇場 小劇場

作:デニス・ケリー
翻訳:小田島創志
演出:蓬莱竜太
出演:長澤まさみ

※2020年4月30日追記:本公演は新型コロナウイルスの影響で中止になりました。

全文を表示

関連する特集・インタビュー

関連記事

長澤まさみのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 長澤まさみ / 蓬莱竜太 / 小川絵梨子 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします