氏名不詳の家族写真と旅するルポライター「百枚めの写真」4度目の上演

40

トム・プロジェクト プロデュース「百枚めの写真~一銭五厘たちの横丁~」が、8月24・25日に東京・シアターΧで上演される。

トム・プロジェクト プロデュース「百枚めの写真~一銭五厘たちの横丁~」チラシ表

トム・プロジェクト プロデュース「百枚めの写真~一銭五厘たちの横丁~」チラシ表

大きなサイズで見る(全5件)

1975年に出版された「一銭五厘たちの横丁」は、児玉隆也著、桑原甲子雄写真によるルポルタージュ。“一銭五厘”とは、召集令状のハガキが一銭五厘だったことに由来する。1943年にアマチュアカメラマンだった桑原は、ハガキ1枚で戦場に送られた出征軍人の留守家族を、陸軍省から支給されたフィルムで撮影していた。「一銭五厘たちの横丁」は、桑原が撮影したネガを30年後に手にした児玉が、氏名不詳の留守家族たちの今を尋ねた、旅の記録となっている。

同書を原作とした「百枚めの写真~一銭五厘たちの横丁~」では、ふたくちつよしが作・演出を担当。劇中ではルポライター児玉を主軸に、99枚の写真に焼き付けられた人々の愛と悲しみの物語を描き出す。出演者には大西多摩恵田中壮太郎、滝沢花野、斉藤美友季、向井康起、劇団桟敷童子の原口健太郎が名を連ねた。なお本作が上演されるのは、2010年、2013年、2016年に続き4度目となる。

この記事の画像(全5件)

トム・プロジェクト プロデュース「百枚めの写真~一銭五厘たちの横丁~」

2019年8月24日(土)・25日(日)
東京都 シアターΧ

原作:児玉隆也
作・演出:ふたくちつよし
出演:大西多摩恵田中壮太郎、滝沢花野、斉藤美友季、向井康起、原口健太郎

リンク

関連記事

関連商品