ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

2019年の東京を舞台につづる“あきらめ”の物語、劇団子供鉅人「不発する惑星」

57

10月に上演される劇団子供鉅人の新作「不発する惑星」のビジュアルとあらすじが公開された。

本作の舞台は、オリンピックを控えた2019年の東京。オリンピック開催予定地の工事現場で働くエロマンガ家のタイチと、隣人である主婦タマキとのロマンスを軸に、現代人が抱える“不発する思い”を描き出す。

作・演出を手がける益山貴司は上演に向けて、「今回は久しぶりの劇場公演。改めて、演劇の基本である『何もない空間』に立ち向かうことにワクワクしています」と語りつつ、「『演劇の旨味』を食べ尽くすような舞台にしたいですね」と語っている。

出演者には益山寛司影山徹億なつき、ミネユキ、山西竜矢、益山U☆G、うらじぬの、地道元春、益山貴司が名を連ねた。公演は10月3日から7日まで大阪・HEP HALL、10月15日から21日まで東京・VACANTにて。チケットは8月3日10:00に発売。

益山貴司コメント

前々回の公演は野外水上ステージでシェイクスピア、前回は実際の家を使ったSFものと、借景を強みにした作品が続きましたが、今回は久しぶりの劇場公演。改めて、演劇の基本である「何もない空間」に立ち向かうことにワクワクしています。
今回は2019年の東京が舞台。さえない男と女のロマンスを通じて、現代人の胸に眠る「不発する思い」を描きます。現在、シンプルな道具立てで観客の想像力を直撃するような演出を目指し、劇団員とワークショップ稽古真っ最中。「演劇の旨味」を食べ尽くすような舞台にしたいですね。

劇団子供鉅人 本公演ニューカウントvol.10 「不発する惑星」

2019年10月3日(木)~7日(月)
大阪府 HEP HALL

2019年10月15日(火)~21日(月)
東京都 VACANT

作・演出:益山貴司
出演:益山寛司影山徹億なつき、ミネユキ、山西竜矢、益山U☆G、うらじぬの、地道元春、益山貴司

ステージナタリーをフォロー