ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

中村勘九郎が「錦秋特別公演2019」を語る、「1人でも多くの方に歌舞伎を」

172

「中村勘九郎 中村七之助 錦秋特別公演2019」の合同取材会より。中村勘九郎。

「中村勘九郎 中村七之助 錦秋特別公演2019」の合同取材会より。中村勘九郎。

10月に全国14カ所を巡る「中村勘九郎 中村七之助 錦秋特別公演2019」の合同取材会が7月10日に東京都内で実施され、中村勘九郎が取材に応じた。

「錦秋特別公演」は、勘九郎と中村七之助を中心に中村屋一門が2005年から毎年行っている全国巡業公演。勘九郎は「2005年から毎年続けてきて、今年で15周年です。15年前、七之助も私も、まだ二十代前半の頃でした」と振り返ると、「それまでは父(十八代目中村勘三郎)と共に親子会として伺っていたので、たった2人で全国の皆様のもとに伺って公演するというのはとても不安でした。それが、“継続は力なり”で、こうやって毎年各地に呼んでいただき、今ではとても楽しみにしておりますし、自信にもつながりました」と感慨を語る。

勘九郎は巡業公演を始めたきっかけについて、「『浅草歌舞伎』に出ていた頃、若いファンの方から中村獅童さんのところに届いた手紙に『歌舞伎を観たいが、地方に住んでいるとチケット代だけでなく交通費や宿泊費など、お金がたくさんかかってしまう』といったことが書かれていて、全国に歌舞伎を観たいと思ってくれている人が1人でもいるならこちらから伺おうと思いました」と当時を回想。最後に勘九郎は「1人でも多くの方に歌舞伎を観ていただくいいきっかけになれば」と言葉に力を込め、取材会を締めくくった。

「中村勘九郎 中村七之助 錦秋特別公演2019」は、10月8日の埼玉・川口総合文化センター リリア メインホールを皮切りに岩手、千葉、茨城、栃木、新潟、東京、静岡、三重、大阪、京都、兵庫、愛媛、熊本を巡演する。今公演では、勘九郎と七之助による芸談をはじめ、「艶紅曙接拙 紅翫」「三ツ面子守」「松廼羽衣」が上演される予定。

「中村勘九郎 中村七之助 錦秋特別公演2019」

2019年10月8日(火)
埼玉県 川口総合文化センター リリア メインホール

2019年10月9日(水)
岩手県 岩手県民会館 大ホール

2019年10月10日(木)
千葉県 市川市文化会館 大ホール

2019年10月12日(土)
茨城県 茨城県立県民文化センター 大ホール

2019年10月13日(日)
栃木県 宇都宮市文化会館 大ホール

2019年10月14日(月・祝)
新潟県 新潟テルサ

2019年10月15日(火)
東京都 文京シビックホール 大ホール

2019年10月16日(水)
静岡県 静岡市民文化会館 大ホール

2019年10月17日(木)
三重県 三重県文化会館 大ホール

2019年10月18日(金)
大阪府 フェニーチェ堺 大ホール

2019年10月19日(土)
京都府 ロームシアター京都 メインホール

2019年10月20日(日)
兵庫県 神戸国際会館 こくさいホール

2019年10月21日(月)
愛媛県 松山市民会館 大ホール

2019年10月23日(水)
熊本県 市民会館シアーズホーム夢ホール(熊本市民会館)

演目

一、芸談
出演:中村勘九郎中村七之助

二、「艶紅曙接拙 紅翫」
出演:門弟一同

三、「三ツ面子守」
出演:中村鶴松

四、「松廼羽衣」
出演:中村勘九郎、中村七之助

ステージナタリーをフォロー