ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

“九州デカばなめんなよ”劇団男魂が曲者刑事たち描く「バカデカ 桔梗」

43

劇団男魂(メンソウル)「バカデカ 桔梗(ききょう)」が、7月3日から9日まで東京・吉祥寺シアターで上演される。

これは、九州のとある警察署を舞台に曲者の刑事たちを描く、劇団男魂による「バカデカ」シリーズの新作。チラシ表には「地域の平和を守るには、知力、体力、そして暴力。九州デカばなめんなよ」とキャッチコピーが記された。

脚本・演出は杉本凌士が担当し、出演者には劇団メンバーのほか無名塾の本郷弦柾賢志、劇団め組の中武億人、アフリカ座の小木宏誌、劇団AUNの齋藤慎平、無名塾の江間直子、あづみれいかが名を連ねている。

劇団男魂(メンソウル)第20回本公演「バカデカ 桔梗(ききょう)」

2019年7月3日(水)~9日(火)
東京都 吉祥寺シアター

脚本・演出:杉本凌士
出演:坪内守仲田育史大塩ゴウ山田諭新晟聡、黒木俊穂、高山陽平、杉本凌士 / 本郷弦柾賢志、中武億人、小木宏誌、齋藤慎平、江間直子、あづみれいか

ステージナタリーをフォロー