ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

ブス会*が紡ぐ“大人のおとぎ話”、鈴木砂羽出演の「エーデルワイス」開幕

168

第7回ブス会*「エーデルワイス」より。(撮影:宮川舞子)

第7回ブス会*「エーデルワイス」より。(撮影:宮川舞子)

ブス会*「エーデルワイス」が、昨日2月27日に東京・東京芸術劇場 シアターイーストで開幕した。

ブス会*の第7回公演となる本作では、スランプに陥っている43歳のマンガ家・森アキナ(鈴木砂羽)を中心にしたストーリーが展開。森は代表作「たたかえ!いばら姫」以降、ヒットを出せずに苦しんでいて……。

上演に際し、脚本・演出のペヤンヌマキは「『エーデルワイス』は私ペヤンヌマキと鈴木砂羽さんの人生をエンターテインメントに昇華させることを目指して作りました。そして素敵なキャストとスタッフの皆さんのおかげでとてつもない力を持った作品が今誕生しようとしています。ブス会*版大人のおとぎ話、どうぞご期待ください」とコメントしている。

上演時間は約2時間で、公演は3月10日まで。なお一部公演ではアフタートークが実施され、3月2日18:00開演回には鈴木、ペヤンヌ、出演者の高野ゆらこ、藤井千帆のほか、安藤玉恵が登壇する。

ペヤンヌマキ コメント

鈴木砂羽さんとご一緒することに決めた時、正直最初はビビってました。怖そうだなあ。怒られたりするのかなあ。それもブス会*っぽいなとも思いつつ。ところがどっこい、待っていたのは創作することの喜びに満ちた共同作業でした。「エーデルワイス」は私ペヤンヌマキと鈴木砂羽さんの人生をエンターテインメントに昇華させることを目指して作りました。そして素敵なキャストとスタッフの皆さんのおかげでとてつもない力を持った作品が今誕生しようとしています。
ブス会*版大人のおとぎ話、どうぞご期待ください。
観た人が、自分でかけた呪いから解放され少しでも生きやすくなるようになればと願っています。

第7回ブス会*「エーデルワイス」

2019年2月27日(水)~3月10日(日)
東京都 東京芸術劇場 シアターイースト

脚本・演出:ペヤンヌマキ
出演:鈴木砂羽 / 水澤紳吾大和孔太高野ゆらこ土佐和成後藤剛範、藤井千帆、金子清文

ステージナタリーをフォロー