ステージナタリー - 演劇・ダンス・ミュージカルのニュースを毎日配信

高橋一生・浦井健治が共演「天保十二年のシェイクスピア」演出は藤田俊太郎

1573

高橋一生浦井健治が出演する「天保十二年のシェイクスピア」が、来年2020年2月に東京・日生劇場で上演される。

井上ひさしがウィリアム・シェイクスピアの作品群を題材に執筆した「天保十二年のシェイクスピア」は、1974年に初演された作品。2002年には劇団☆新感線・いのうえひでのりの演出で立ち上げられ、05年には蜷川幸雄の演出で上演された。今回は蜷川作品に多く楽曲を提供してきた宮川彬良が音楽、蜷川の演出助手を務めていた藤田俊太郎が演出を担当する。このほかの出演者やチケットなど公演の詳細は続報を待とう。

「天保十二年のシェイクスピア」

2020年2月
東京都 日生劇場

作:井上ひさし
音楽:宮川彬良
演出:藤田俊太郎
出演:高橋一生浦井健治 ほか

ステージナタリーをフォロー