ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

劇団四季がガーシュインの名曲で織りなす「パリのアメリカ人」稽古を公開

162

劇団四季 ミュージカル「パリのアメリカ人」稽古場取材会より。(撮影:荒井健)

劇団四季 ミュージカル「パリのアメリカ人」稽古場取材会より。(撮影:荒井健)

1月から上演される劇団四季のミュージカル「パリのアメリカ人」。公演に先駆け12月22日、神奈川・四季芸術センターにて同作の稽古が報道陣向けに公開された。

本作は、ガーシュイン兄弟の代表曲が散りばめられた1951年の映画「巴里のアメリカ人」をベースとするミュージカル。公開されたのは「I Got Rhythm アイ・ガット・リズム」「I’ll Build a Stairway to Paradise パラダイスへの階段」のほか、バレエ「An American in Paris パリのアメリカ人」の一部だ。

上演に向け、振付・演出を手がけるクリストファー・ウィールドンは「四季との仕事は初めてですが、俳優たちは献身的に稽古に臨んでいて素晴らしいです。様々なダンススタイルが楽しめるこの作品を、ぜひ日本のみなさんにご覧いただきたいと思います」と観客にメッセージを送った。

劇中では、第二次世界大戦直後のパリに生きる若者たちの愛と友情と夢が、スタイリッシュなダンスで表現される。初演は2014年にフランス・パリのシャトレ座で行われ、翌15年のトニー賞では振付賞をはじめ4部門を獲得した。本公演は1月20日から3月8日まで東京・東急シアターオーブ、3月19日から8月11日まで神奈川・KAAT神奈川芸術劇場 ホールにて。

クリストファー・ウィールドン コメント

このミュージカルを製作するにあたり、映画へのリスペクトの気持ちは忘れず、物語をより深めて作品に真実味を持たせることを心がけました。四季との仕事は初めてですが、俳優たちは献身的に稽古に臨んでいて素晴らしいです。様々なダンススタイルが楽しめるこの作品を、ぜひ日本のみなさんにご覧いただきたいと思います。

劇団四季 ミュージカル「パリのアメリカ人」

2019年1月20日(日)~3月8日(金)
東京都 東急シアターオーブ

2019年3月19日(火)~8月11日(日・祝)
神奈川県 KAAT神奈川芸術劇場

ステージナタリーをフォロー