ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

「クリスマスキャロル」開幕、スクルージ役の堀江貴文「新しい演劇にしたい」

241

ミュージカル「クリスマスキャロル」ゲネプロより。

ミュージカル「クリスマスキャロル」ゲネプロより。

ホリエモンこと堀江貴文が主演を務めるミュージカル「クリスマスキャロル」が、昨日12月12日に東京・東京キネマ倶楽部で開幕した。

2010年12月にドワンゴが主催するニコニコミュージカルとして初演された本作は、チャールズ・ディケンズの「クリスマスキャロル」を原作に、脚本・演出・歌詞・音楽を湯澤幸一郎が手がける作品。堀江はIT企業の経営者として未曾有の成功を収めたものの、社内では守銭奴と恐れられ、クリスマスに対しては憎しみに似た感情を持つ主人公・スクルージを演じる。

会社運営の身勝手さから社員の不興を買っていたスクルージ。やがてクリスマスシーズンを迎えたある日、彼の前に大天使ミカエルが現れ……。なお本作では、スクルージの青年時代を小西成弥、その恋人・ケイト役を長谷川かすみが演じる。

昨日行われたゲネプロには、ゲネプロ限定の“芝居ゲスト”として、マンボミューシャンでグリーンランド国際サンタクロース協会の“公認サンタクロース”でもあるパラダイス山元が出演。カーテンコールからは、ゲネプロ限定の“歌ゲスト”として歌い手の蛇足が登場し、劇中歌「Remember」とボーカロイド曲「いろは唄」を歌唱した。

堀江自身がプロデュースを手がける今回の公演には、回替わりゲストとして安田美沙子ミッツ・マングローブ加藤和樹小林健一らが出演。このほか、堀江が浜田寿人氏と結成した、和牛を世界へ広めるユニットWAGYUMAFIAによる“奇跡の和牛霜降り肉”が提供されるチケットも用意されている。

ゲネプロ終了後には囲み取材が実施された。取材に応じた堀江は「芝居には芝居ならではの達成感、中毒性があると思った」と初演を振り返り、「スクルージは老人役なので長く演じていけるし、やればやるほど上達する。どうせ再演するなら新しい演劇にしたいと思い、食事と共に楽しんでいただけるステージにした」と演出の意図を語る。さらに堀江はブロードウェイでは食事しながらエンタテインメントを楽しむ文化があることについても言及。「僕は結婚式が好きなのですが」と前置きし、「今回の舞台も円卓で余興を見るような気持ちで観てほしい」とメッセージを送った。公演は12月16日まで。

ミュージカル「クリスマスキャロル」

2018年12月12日(水)~16日(日)
東京都 東京キネマ倶楽部

原作:チャールズ・ディケンズ
脚本・演出・歌詞・音楽:湯澤幸一郎

キャスト

スクルージ(現在):堀江貴文
ケイト:長谷川かすみ
スクルージ(青年):小西成弥
大天使ミカエル:湯澤幸一郎
天使ガブリエル:横山智佐
マークミラー:川隅美慎
スクルージ(少年):百花繚乱
天使ウリエル:みく(アンティック-珈琲店-
マッケンジー:AKIRA
トニーベイカー:千吊(ペンタゴン)
ベティ:愛川こずえ
ロバート:別紙慶一
パティ:山下聖良
天使ラファエル:中根愛理
さーや:片岡沙耶
アイリス:Iris(アイリス)
アンサンブル:中村裕香里
ほか

ゲスト

歌ゲスト
12月12日(水)19:00回 メイリア(GARNiDELiA
12月13日(木)14:00回 ENGAG.ING
12月13日(木)19:00回 ミッツ・マングローブ
12月14日(金)19:00回 加藤和樹
12月15日(土)13:00回 安田美沙子
12月15日(土)18:00回 エハラマサヒロ
12月16日(日)13:00回 たけやま3.5

芝居ゲスト
12月12日(水)19:00回 DaiGo
12月13日(木)14:00回 ENGAG.ING
12月13日(木)19:00回 西野亮廣キングコング
12月14日(金)14:00回 入江慎也(カラテカ
12月14日(金)19:00回 小林健一
12月15日(土)13:00回 見城徹(幻冬舎社長)
12月15日(土)18:00回 エハラマサヒロ
12月16日(日)13:00回 たけやま3.5

ステージナタリーをフォロー