ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

山内ケンジ、いつ高、スズナリの蔵出し映像も「下北沢演劇映画祭(仮)2018」

113

「下北沢演劇映画祭(仮)2018」が、明日12月8日から30日まで東京・下北沢トリウッドで開催される。

“演劇の街”東京・下北沢の映画館で、演劇と映画のつながりを広げることを目指し、舞台映像や舞台作品から派生した映画などを上映する本企画。上映作品には、城山羊の会山内ケンジの映画「At the terrace テラスにて」や「水仙の花 narcissus」「自己紹介読本」「相談者たち」、ロロ三浦直之の映画「ダンスナンバー 時をかける少女」や「BGM」「ハンサムな大悟」「いつだって可笑しいほど誰もが誰か愛し愛されて第三高等学校(通称いつ高)」シリーズ一挙上映(vol.1から6まで)、ゴジゲン松居大悟の映画「アイスと雨音」「ファーストキス」、玉田企画玉田真也の映画「あの日々の話」、範宙遊泳山本卓卓「午前2時コーヒーカップサラダボウルユートピア-THIS WILL ONLY TAKE SEVERAL MINUTES-」「その夜と友達」、さんぴん「NEW HERO~ドキュメンタリー(仮)」、劇団献身奥村徹也の映画「cat fire」がラインナップされている。

このほか、ザ・スズナリで2000年に行われた会場回遊型イベント「闇夜幻燈逆説華祭」の記録映像「スズナリ九龍城 幻燈記」の初上映や各種トークも行われる。各プログラムの詳細は公式サイトで確認しよう。

「下北沢演劇映画祭(仮)2018」

2018年12月8日(土)~30日(日)
東京都 下北沢トリウッド

ステージナタリーをフォロー