ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

“エアロビ”をダンスに再構築、パウラ・ロソレン「Aerobics!」

30

パウラ・ロソレン「Aerobics!- A Ballet in 3 Acts」より。(c)Alex Brenner

パウラ・ロソレン「Aerobics!- A Ballet in 3 Acts」より。(c)Alex Brenner

パウラ・ロソレン「Aerobics!- A Ballet in 3 Acts」が、10月13・14日に東京・スパイラルホールで上演される。

ポピュラーカルチャーや日常生活の中に内在するダンスの視覚化を目指すパウラ・ロソレンは、ドイツを拠点に活動する振付家、ダンサー。今作では、1980年代にフィットネスエクササイズとして世界的旋風を巻き起こしたエアロビクスに内在する構造を研究し、ダンスとして再構築する。

なお本作は、東京・青山を中心とした会場で2年に1度開催されているダンスフェスティバル「Dance New Air」の1プログラムとして上演される。

パウラ・ロソレン「Aerobics!- A Ballet in 3 Acts」

2018年10月13日(土)・14日(日)
東京都 スパイラルホール

コンセプト・振付:Paula ROSOLEN

「Dance New Air 2018 - ダンスの明日」

2018年10月3日(水)~14日(日)

※初出時、「Dance New Air 2018 - ダンスの明日」の開催日程に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

ステージナタリーをフォロー