ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

10年ぶりに若手たちが立ち上げる、スタジオライフ「カリフォルニア物語」

134

「カリフォルニア物語」が、7月20日に東京のザ・ポケットで開幕した。

倉田淳が脚本・演出を手がける本作は、吉田秋生の同名マンガを原作とした舞台。2008年にスタジオライフと東京・天王洲 銀河劇場のプロデュース公演として上演された本作を、今回は「Studio Life Next GENERATION」と銘打ち、スタジオライフの若手を中心にしたキャストで立ち上げる。

高校をドロップアウトしたヒースは、相棒で同居人のイーヴ、恋人のスウェナと共に、冬のニューヨークで青春を送り……。ヒース役には仲原裕之、イーヴ役には千葉健玖と若林健吾、スウェナ役には伊藤清之がキャスティングされ、GrassチームとLeafチームのWキャストで公演が行われる。

上演時間は約2時間15分。公演は8月5日まで。なお当日券は各回、開演の1時間前から劇場受付にて先着順で販売される。

Studio Life Next GENERATION「カリフォルニア物語」

2018年7月20日(金)~8月5日(日)
東京都 ザ・ポケット

原作:吉田秋生「カリフォルニア物語」(小学館)
脚本・演出:倉田淳

キャスト

ヒース・スワンソン:仲原裕之
イーヴ・ルチアーノ:千葉健玖 / 若林健吾
インディアン:澤井俊輝 / 宮崎卓真
スウェナ:伊藤清之
ケイシー:鈴木宏明
アレックス:吉成奨人 / 前木健太郎
テリー:中野亮輔
スージー:宇佐見輝

石飛幸治、藤原啓児 ほか

ステージナタリーをフォロー