ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

「札幌演劇シーズン2018-夏」に札幌座、弦巻楽団ら5団体

69

「札幌演劇シーズン2018-夏」ロゴ

「札幌演劇シーズン2018-夏」ロゴ

「札幌演劇シーズン2018-夏」が7月28日から8月25日に北海道のかでる2・7ほかで開催される。

2012年にスタートした札幌演劇シーズンは、年2回、夏と冬に札幌で誕生した優れた作品を上演している人気企画。14年目となる今回は劇団風蝕異人街、札幌座ELEVEN NINES、きまぐれポニーテール、弦巻楽団が参加する。

ELEVEN NINESはレジナルド・ローズの名作を札幌座の斎藤歩やオイスターズの平塚直隆など多彩な顔ぶれにより上演する。劇団風蝕異人街は札幌演劇シーズンでは初のギリシャ悲劇に挑み、札幌座は韓国の劇団・青羽のイ・ミギョン作「そうじゃないのに」を、斎藤の脚色・演出・音楽で上演。青羽も4日と5日に公演を行う。シーズン初参戦のきまぐれポニーテールはシェアハウスを舞台にした女たちによるコメディを描き、常連の弦巻楽団は初期の人気作を再演する。

リピーター割や回数券も用意されているので、各作品をぜひ観比べてみては。

「札幌演劇シーズン2018-夏」

2018年7月28日(土)~8月25日(土)
北海道 かでる2・7 ほか

劇団風蝕異人街「トロイアの女たち」

2018年7月28日(土)~8月4日(土)
北海道 生活支援型文化施設コンカリーニョ

作:エウリピデス
演出:こしばきこう
翻訳:山形治江
出演:三木美智代、堀きよ美、相良ゆみ、齊藤雅彰、平野たかし、こいけるり、高城麻衣子、森安ひさえ、山川瞳、川口巧海、大平詩織、雪、栗原聡美、太田有香、九十九レイナ、斉藤秀規、柴田詠子、牛島有佳子、むらかみ智大、リンノスケ、福村由美子、長谷川史織

札幌座「象じゃないのに…。」

2018年8月4日(土)~12日(日)
北海道 シアターZOO

原作:イ・ミギョン「そうじゃないのに」
脚色・演出・音楽:斎藤歩
翻訳:木村典子
出演:斎藤歩、原子千穂子、山野久治、川崎勇人、前田透

ELEVEN NINES「12人の怒れる男」

2018年8月11日(土・祝)~18日(土)
北海道 北海道立道民活動センター かでる2・7

原作:レジナルド・ローズ
翻訳:額田やえ子
演出:納谷真大
出演(五十音順):江田由紀浩、河野真也、久保隆徳、倖田直機、小林エレキ、斎藤歩、櫻井保一、水津聡、納谷真大、能登英輔、平塚直隆、箕輪直人、明逸人、山田マサル ※一部Wキャスト

きまぐれポニーテール「アピカのお城」

2018年8月11日(土・祝)~18日(土)
北海道 演劇専用小劇場 BLOCH

脚本:里美ユリヲ
演出:遠藤洋平
出演:寺地ユイ、五十川由華、池江蘭、曽我夕子、塚本奈緒美、田所竜一、五十嵐穂、小川征子 / キャス太、鈴木朝陽(Wキャスト)

弦巻楽団「センチメンタル」

2018年8月18日(土)~25日(土)
北海道 サンピアザ劇場

作・演出:弦巻啓太
出演:深浦佑太、村上義典、成田愛花、松本直人、袖山このみ、塩谷舞、井上嵩之、木村愛香音、島田彩華、相馬日奈

ステージナタリーをフォロー