ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

中村芝翫主演「オセロー」イアーゴー役に神山智洋「もしかしたら踊るかも」

1420

「オセロー」製作発表記者会見より。左から松任谷正隆、前田亜季、檀れい、中村芝翫、神山智洋(ジャニーズWEST)、井上尊晶。

「オセロー」製作発表記者会見より。左から松任谷正隆、前田亜季、檀れい、中村芝翫、神山智洋(ジャニーズWEST)、井上尊晶。

9月に上演される「オセロー」の製作発表記者会見が、本日6月15日に東京都内で行われた。

本作はウィリアム・シェイクスピア四大悲劇の1つ「オセロー」を河合祥一郎の新訳、井上尊晶の演出で上演する企画。製作発表にはキャストから中村芝翫檀れいジャニーズWEST神山智洋前田亜季、演出の井上、音楽を担当する松任谷正隆、松竹の安孫子正取締役副社長が登壇した。

長年にわたり蜷川幸雄の演出助手を務めた井上は「蜷川が亡くなって自分の人生が半分抜け落ちたような状態のとき、今回のお話をいただきました。蜷川が生前『これを持っておけ』と、スタニスラフスキーが『オセロー』の演出プランについて書いた雑誌の記事のコピーをくれたんです。それが押し入れから出てきて、これも何かの運命かなと。(蜷川に)背中を押された気持ちです」と感慨深げに語る。

井上は本作について「『オセロー』をいかに正しく継承し、現代に復活させるかというのが一番のテーマ。蜷川もやったことがなかった新橋演舞場に立ち向かいます」と宣言。さらに今回のキャスト陣を「頼もしい」と評し、「できればワイヤレスマイクを使わず、空間、世界に向かって声高らかに言葉を響かせてほしい」と述べる。一方、スタッフ陣については「“蜷川組”と言われている強力な方々、そして音楽の松任谷さんにご協力いただき、演舞場に新しい風を吹かせたい。大衆に愛される『オセロー』を作ります」と抱負を語った。

2015年に蜷川が手がけた音楽劇「青い種子は太陽のなかにある」で音楽を担当した松任谷は、当時を振り返り「蜷川さんに対して緊張していたので、秋元康さんに相談したら『蜷川さんは大丈夫。でもその下にいる井上尊晶が曲者だ!』と言われ、実際、尊晶さんとは随分ぶつかり、最終的には尊晶さんを“天敵”と呼ぶようになりました(笑)」とエピソードを明かす。本作については「バロックと言っていいほど、“超クラシック”だと感じます。どう解釈していくかが課題です」と現在の心中を語った。

タトイルロールのオセロー役を演じる芝翫は「この歳になってシェイクスピア作品をやらせていただけるとは夢にも思っていませんでした。襲名公演で2年間どっぷりと歌舞伎に浸かっておりましたが、お声をかけていただいたこと、本当にありがたく思っております」と謝辞を述べる。また当初、出演が予定されていたが、病気療養のため出演が叶わなかった今井翼のことに触れ、「本当に早く治ってほしい。一緒に芝居をしたいです」と思いを明かしつつ、今回イアーゴー役に抜擢された神山については「私の友達の生田斗真くんからも太鼓判で『神山は大丈夫です!』とご連絡をいただきましたので、素晴らしいイアーゴーになると思います」とコメントした。

デズデモーナ役の檀は「(製作発表の)これまでの皆さんのお話を受け、どんどん怖くなってきました(笑)。シェイクスピア作品は初めてですが、この怖いという気持ちを取っ払って、尊晶さん演出のもと、芝翫さん一筋で付いていきたいと思っております」と笑顔を見せた。

イアーゴー役の神山は「いずれは挑戦してみたかったシェイクスピア作品ですが、お話をいただきびっくりしました。喜んで台本を受け取りましたら、とんでもないセリフ量で(笑)。本読みを何度かしましたが、すでに尊晶さんにしごかれております(笑)」と苦笑い。先輩の今井については「『よろしくお願いします』というお言葉をいただきましたので、翼くんの思いを背負い、自分なりのイアーゴーを演じて、良い意味で引っ掻き回していきたいと思います」と力強く述べる。また「尊晶さんからは『もしかしたら踊るかも』と言われています。ダンスは5歳から習っているので、得意。『オセロー』の世界観を背負ってしっかり踊りたいです」と意気込んだ。

「シェイクスピア作品は初挑戦」と明かすデズデモーナの侍女エミーリア役の前田は「どんなふうに新橋演舞場に立っているのか、今は想像できていないですが、皆さんと一緒に新しい『オセロー』を、楽しんで演じていけたら」と真摯に語った。

今回が襲名後、初の翻訳劇への出演となる芝翫は「芝翫としての新しいをページをめくるような気持ちです。憧れだけでなく、重圧もありますが、大変な仕事をやれるワクワク感があります。良い登山口を探し、みんなで頂上を目指そうと思います」と会見を締めくくった。公演は9月2日から26日まで東京・新橋演舞場にて。チケットは7月7日に発売。

「オセロー」

2018年9月2日(日)~26日(水)
東京都 新橋演舞場

作:ウィリアム・シェイクスピア
訳:河合祥一郎
演出:井上尊晶
音楽:松任谷正隆

キャスト

オセロー:中村芝翫

イアーゴー:神山智洋ジャニーズWEST

ブランバンショー:辻萬長(「辻」は一点しんにょうが正式表記)
ヴェニス公爵:田口守

ロドヴィーコー:大石継太
モンターノー:二反田雅澄
ビアンカ:河合宥季
グラシアーノー:廣田高志

ロダリーゴー:池田純矢
キャシオー:石黒英雄

エミーリア:前田亜季

デズデモーナ:檀れい

塚本幸男、児玉真二、河内大和 / 澤魁士、プリティ太田、野澤健、澄人、鎌田雅尋、水谷悟、五味良介、桂佑輔、尾瀧一眞、小野哲平、中村芝晶、上川路啓志、駒井健介、チョウヨンホ、長谷川直紀、薄平広樹、原田翔平、光山恭平

ステージナタリーをフォロー