ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

男たちと7つの大罪の物語「GRIEF7」に加藤良輔「闇をお届けできたら」

423

「GRIEF7」製作発表より、左からSHUN、加藤良輔、カラム、米原幸佑、碕理人、錦織一清。

「GRIEF7」製作発表より、左からSHUN、加藤良輔、カラム、米原幸佑、碕理人、錦織一清。

7月に東京・俳優座劇場で上演される「GRIEF7」の製作発表が、去る6月8日に東京都内で行われた。

原作を、小説「竹久夢二のすべて」「猫と裁判」で知られる野村桔梗、演出を錦織一清、脚本を三浦香が手がける本作は、“この世”と“人の闇”に焦点を当てたミュージカル。アメリカ・ロサンゼルス近郊を舞台に、7つの大罪をモチーフとしたストーリーが、とある牢獄で出会った男たちによって紡がれる。出演者にはカラム碕理人SHUN三浦海里加藤良輔米原幸佑が名を連ねた。

製作発表には錦織をはじめ、カラム、碕、SHUN、加藤、米原が登壇。CLIE製作による舞台を昨年観劇し、参加してみたかったと話す錦織は「まさか本当にやらせてもらえると思ってなかった」と驚きを口にする。台本を読んだ感想を尋ねられると、錦織は「社会派ミュージカル」と回答。また「今作だけでは完結しないようなお話になると思う」と言及しつつ「何かを抱えた人間たちが変わっていく様子が、この作品の大きなストーリー。1度観たくらいじゃわからないものを作りたい」と意気込んだ。さらに若手キャストへのコメントを求められると「オリジナル作品なので、役作りをまったくしなくていいと思う」と答え、「自分自身の芝居に葛藤や悩みがあるうちは、個性やキャラクター性を尊重してあげたい。もちろんちゃんとしたお芝居や役作りも必要ですが、今回はそういった意味では自由に楽しく、自分を見つけるのを目標にやってほしい」とエールを送った。

カラムは「国籍韓国です。アニョハセヨ、カムサハムニダ。よろしくお願いします」と自己紹介し、「とても素晴らしいキャストの方々、演出の錦織さんと一緒に舞台をできることがうれしい」と心境を明かす。日本のトップアイドルグループのメンバー・リュウ役を演じるにあたっては、「僕も実際に大国男児というグループに所属している。アイドルグループのメンバーだからこそわかることも表現したい」と気合十分。

「本当に濃い舞台になるんじゃないかと今からワクワク」と述べるのは、米原。自身が務めるエディ・フクダ役について米原は「台本には、アメリカに移住して“EDO”という寿司屋をやっている、としかト書きがなかった」と明かし、「ミステリー要素が散りばめられていますので、それが稽古でどう繋がっていくのか、どう表現されていくのか僕も楽しみ」と期待を語った。

加藤は自身の演じるライタ・カワイについて、「元外科医の心理カウンセラーで非常にミステリアスガイ」と紹介しつつ、「牢屋の中でもみんなの世話をする立場にある彼が、なぜ牢屋にいるのかという……非常に深い闇の持ち主なんじゃないか」と分析。「ミュージカルですし、歌とダンスで最高のエンタテインメントとしてその闇をお届けできたら」と抱負を述べた。

グニョン役の碕は「すごく重たいお話だなと思ったのですが、華やかにエンタテインメントとして皆様にお届けできるよう精一杯がんばっていきたい」と宣言。碕は本作の見どころとしてキャラクター同士の関係性を挙げ、「ぜひ何回も観ていただいて、『ここが繋がってたんだ!』と驚いてもらえたら」とアピールした。

SHUNは今回の顔合わせに「本当に濃いメンツ」とコメント。自身が演じるサムにに対しては「IQ250の天才ハッカー。実際にいたら政府に目を付けられるくらい危ない人だと思うんですけど、僕自身はそんな悪い人ではないです」と笑い交じりに話し、上演に際しては「人間の芯にある感情や人間関係を、どんどん話の中で見せられると思う。サムの強さや弱さを精一杯生きられるようがんばりたい」と締めくくった。公演は7月26日から31日まで。

「GRIEF7」

2018年7月26日(木)~31日(火)
東京都 俳優座劇場

原作:野村桔梗
脚本:三浦香
演出:錦織一清
出演:カラム碕理人SHUN三浦海里 / 加藤良輔 / 米原幸佑

(c)2018CLIE/G7

ステージナタリーをフォロー