ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

流山児★事務所「満州戦線」日本人として生きた朝鮮の人々描く、台本・演出はシライケイタ

60

流山児★事務所「代代孫孫2016」より。(c)横田敦史

流山児★事務所「代代孫孫2016」より。(c)横田敦史

流山児★事務所「満州戦線」が7月11日から16日まで東京のザ・スズナリで上演される。

流山児★事務所が「代代孫孫2016」に続いて上演するパク・グニョン作品第2弾の「満州戦線」は、満州で五族協和を信じ、日本人として生きた朝鮮の人々の歴史を描いた作品。1943年3月、満州の首都・新京には、朝鮮から満州に渡り、満州国陸軍軍官学校を卒業したアスカの卒業を祝うため、友人たちが集っていた。彼らは日本名を持ち、その名前で呼び合う。そしてそれぞれが満州で働きながら暮らしていた。

上演台本・演出は「代代孫孫2016」に続き温泉ドラゴンのシライケイタ、芸術監督を流山児祥が務め、キャストには伊藤弘子、俳優座の清水直子、みょんふぁ(洪明花)、温泉ドラゴンのいわいのふ健、TRASHMASTERSのカゴシマジロー、木暮拓矢が名を連ねた。なお7月13日14:00開演回の終演後にはパク・グニョンを迎えてのアフタートークが実施される。

流山児★事務所 韓国現代傑作戯曲上演「満州戦線」

2018年7月11日(水)~16日(月・祝)
東京都 ザ・スズナリ

作:パク・グニョン
翻訳:石川樹里
上演台本・演出:シライケイタ
芸術監督:流山児祥
出演:伊藤弘子清水直子、みょんふぁ(洪明花)、いわいのふ健カゴシマジロー、木暮拓矢

ステージナタリーをフォロー