ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

DULL-COLORED POP「福島三部作」で活動再開、第1弾が今夏上演

108

DULL-COLORED POP vol.18「福島三部作 第一部『1961年:夜に昇る太陽』」イメージビジュアル

DULL-COLORED POP vol.18「福島三部作 第一部『1961年:夜に昇る太陽』」イメージビジュアル

2016年に活動を休止したDULL-COLORED POPが活動を再開。復帰作となる「福島三部作 第一部『1961年:夜に昇る太陽』」が、7月から8月にかけて福島と東京で上演される。

「福島三部作」は3世代、3つの家族を通して、福島県と原発の歴史を3部構成で描く演劇プロジェクト。2011年に起こった東日本大震災を演劇作品として残すことを目的に、福島県にルーツを持つ作・演出の谷賢一が、約2年間の月日をかけて取材および執筆を行っている。

「第一部」となる「1961年:夜に昇る太陽」には、DULL-COLORED POPの東谷英人、大原研二、塚越健一、百花亜希に加え、古屋隆太井上裕朗らが出演。公演は7月7・8日に福島・いわき芸術文化交流館アリオス 小劇場、7月21日から8月5日まで東京・こまばアゴラ劇場にて行われ、チケットは6月2日に発売となる。

DULL-COLORED POP vol.18「福島三部作 第一部『1961年:夜に昇る太陽』」

2018年7月7日(土)・8日(日)
福島県 いわき芸術文化交流館アリオス 小劇場

2018年7月21日(土)~8月5日(日)
東京都 こまばアゴラ劇場

作・演出:谷賢一
出演:東谷英人、大原研二、塚越健一、百花亜希 / 古屋隆太井上裕朗 / 内田倭史、大内彩加、丸山夏歩、宮地洸成

ステージナタリーをフォロー