ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

モダン「嗚呼いま、だから愛。」開幕、蓬莱竜太が初演からの変化に手応え

156

モダンスイマーズ「嗚呼いま、だから愛。」より。(撮影:金子裕美)

モダンスイマーズ「嗚呼いま、だから愛。」より。(撮影:金子裕美)

モダンスイマーズ「句読点三部作連続上演」の1作目、「嗚呼いま、だから愛。」が昨日4月19日に東京・東京芸術劇場 シアターイーストにて開幕した。

本作は戦い続ける夫婦を軸に、人は人をどこまで理解し合えるか、愛とは何かを問いかける作品。出演者には古山憲太郎津村知与支生越千晴西條義将のほか川上友里太田緑ロランス小林竜樹奥貫薫が名を連ねている。

初日を終え、蓬莱竜太は「すでにお客様から『初演と違った感想を持った』という意見を何人かから頂いている」と言い、「僕たちも色々と変わっているのかもしれない。再演の楽しみ方はそういうところにもある」と手応えを述べる。さらに「いい初日を終えることが出来ました。より多くのものを拾ってもらえるよう、明日からも発見を続けていきたいと思います」と意気込みを語っている。

なお「句読点三部作連続上演」の2作目「悲しみよ、消えないでくれ」は6月7日から17日まで、3作目「死ンデ、イル。」は7月20日から29日まで同劇場にて上演され、「悲しみよ、消えないでくれ」には古山、小椋毅、生越、西條のほか、今藤洋子伊東沙保岩瀬亮、そしてでんでんが出演。「死ンデ、イル。」には古山、津村、小椋、西條のほか、片山友希、成田亜佑美千葉雅子が名を連ねており、さらに男優2名はオーディションで決定する。オーディションへの応募は、郵送にて4月29日必着で受け付ける。

蓬莱竜太コメント

初日を終えて

すでにお客様から「初演と違った感想を持った」という意見を何人かから頂いている。
これはモチロン作る側の意識が変わっているところもあるが、2年経って見る側の人生も変化しているところも大きいのかもということであった。なるほど。パリのテロから2年半、世界も変わった。僕たちも色々と変わっているのかもしれない。再演の楽しみ方はそういうところにもある。誰側で見るか、何をセリフと表情から拾うか、それは今日の自分の状態によって大きく違う。
いい初日を終えることが出来ました。
より多くのものを拾ってもらえるよう、明日からも発見を続けていきたいと思います。

モダンスイマーズ「句読点三部作連続上演」

「嗚呼いま、だから愛。」

2018年4月19日(木)~29日(日・祝)
東京都 東京芸術劇場 シアターイースト

作・演出:蓬莱竜太
出演:古山憲太郎津村知与支生越千晴西條義将 / 川上友里 / 太田緑ロランス / 小林竜樹 / 奥貫薫

「悲しみよ、消えないでくれ」

2018年6月7日(木)~17日(日)
東京都 東京芸術劇場 シアターイースト

作・演出:蓬莱竜太
出演:古山憲太郎、小椋毅、生越千晴、西條義将 / 今藤洋子伊東沙保岩瀬亮 / でんでん

「死ンデ、イル。」

2018年7月20日(金)~29日(日)
東京都 東京芸術劇場 シアターイースト

作・演出:蓬莱竜太
出演:古山憲太郎、津村知与支、小椋毅、西條義将 / 片山友希、成田亜佑美 / 千葉雅子 ほか

ステージナタリーをフォロー