ステージナタリー - 演劇・ダンス・ミュージカルのニュースを毎日配信

「火花」開幕、又吉直樹と抱き合う観月ありさ「照れてしまいます」

400

「『火花』~Ghost of the Novelist~」より。

「『火花』~Ghost of the Novelist~」より。

「『火花』~Ghost of the Novelist~」が、昨日3月30日に東京・紀伊國屋ホールで開幕した。

2015年に第153回芥川龍之介賞を受賞し、翌16年にドラマ化、昨年17年には映画化された「火花」。共同テレビのプロデューサー・小松純也が脚本・演出を手がける舞台版は、観月ありさが主演を務め、植田圭輔石田明(NON STYLE)、原作者の又吉直樹(ピース)らが出演する。

観月と又吉が本人役を演じる本作では、ステージで小説「火花」を語る“原作者・又吉”を、“女優・観月”が抱きしめる場面からスタート。観月は自身の役どころについて「小説の『火花』を朗読しながらストーリーテラーのように進行しつつも、観月ありさ役をやったり、神谷君(石田)の恋人役をやったりと忙しく、切り替えが難しかったです」とコメントした。

また抱き合うシーンのある又吉については「普段も交流が多いので、正直照れてしまいます」と心中を明かしつつ、「コメディ要素が多い舞台で、芸人さんたちの前で笑いを取るのが難しいのですが、そんなときは笑いのバロメーターとして又吉君の笑い方を確認しています。肩の力を抜いて楽しんでいただきたいです」と語った。

ゲネプロを終えた又吉は「稽古で長い時間かけてやってきたんで、それがようやく形になって。どちらかというと、緊張感はあるんですけど、今は楽しみになってますね」と期待を口にする。またゲネプロを振り返りつつ「僕だけが特に緊張してたみたいなゲネになったかなとは思うんですけど、でもみんなの芝居を見ていていい意味で引っ張られるというか、『なるほど、こういう話なんや』っていうのがさっきのでなんか、わかりましたね」と感想を話した。

さらに又吉は本作について「舞台の『その場でしか見られへん』っていうものと、今回のお芝居のお話自体がすごく相性いいと思うんで、ぜひ、足を運んでいただきたいなと思います。『火花』を読んだことない方も、読まれた方にも楽しんでいただけると思います」とアピールした。公演は4月15日まで東京・紀伊國屋ホール、5月9日から12日まで大阪・松下IMPホールにて行われる。

「『火花』~Ghost of the Novelist~」

2018年3月30日(金)~4月15日(日)
東京都 紀伊國屋ホール

2018年5月9日(水)~12日(土)
大阪府 松下IMPホール

原作:又吉直樹(ピース)
脚本・演出:小松純也
出演:観月ありさ植田圭輔石田明(NON STYLE)、又吉直樹 / 好井まさお宮下雄也中西裕胡、川崎珠莉、久保田創大石敦士、森公平、榛葉恵太

※川崎珠莉の「崎」はたつざきが正式表記。

ステージナタリーをフォロー