ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

反橋宗一郎が教師になってエリート高校に潜入「バグバスターズ」スピンオフ作品

636

舞台「バグバスターズ―Stage BLUE―」より。

舞台「バグバスターズ―Stage BLUE―」より。

反橋宗一郎主演の「バグバスターズ―Stage BLUE―」が、東京・俳優座劇場にて上演中だ。

脚本を米山和仁、演出を扇田賢が手がける本作は、プログラムに入り込み、バグを直接除去するチームの活躍を描く「バグバスターズ」シリーズのスピンオフ作品。数々の陰謀を阻止してきた彼らに、今回新たなミッションが舞い込んでくる。

警視庁のホームページといった重要機関のサイトに何者かが不正侵入し、いたずらをする事件が多発。その痕跡を辿っていくと、とあるサーバーを経由していることが判明する。そのサーバーは、エリートを集めて英才教育を施す“帝(みかど)高校”のものだった。

高校内の危険因子を調査する依頼がバグバスターズに届くが、メンバーは海外の任務で出払っており、1人国内に残っていた反橋演じる“ブルー”こと青柳茂樹が、教師に扮して潜入捜査をすることに。本作ではバグ退治だけでなく、青柳と生徒や先生たちとの交流を描く青春ストーリーが展開する。

キャストには反橋に加え、渡辺和貴奥谷知弘大海将一郎後藤健流佐藤智広植田慎一郎、東将司、大見拓土、安孫子宏輔、丸山正吾、成瀬隆典、遠田翔平、荘司真人、そして山崎雅志仲田博喜が名を連ねている。公演は3月25日まで。

舞台「バグバスターズ―Stage BLUE―」

2018年3月21日(水・祝)~25日(日)
東京都 俳優座劇場

脚本:米山和仁
演出:扇田賢
出演:反橋宗一郎 / 渡辺和貴奥谷知弘大海将一郎後藤健流佐藤智広植田慎一郎、東将司、大見拓土、安孫子宏輔、丸山正吾 / 成瀬隆典、遠田翔平、荘司真人 / 山崎雅志 / 仲田博喜

※山崎雅志の「崎」は立つ崎(たつさき)が正式表記。

(c)ADK Arts

ステージナタリーをフォロー