ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

初音ミクが山車に乗りステージ上を練り歩く、超歌舞伎新作は「積思花顔競」

76

中村獅童とバーチャルシンガー・初音ミクが共演する「超歌舞伎」新作の詳細が発表された。

タイトルは「積思花顔競(つもるおもいはなのかおみせ)」。「積恋雪関扉」に着想を得た作品で、獅童は悪人役である惟喬親王と、これに敵対する良岑安貞の二役を、初音は安貞の許嫁である小野初音姫と、白鷺の精霊の二役を演じ分ける。出演者には2人のほか、中村蝶紫と澤村國矢、そしてボーカロイドキャラクター・鏡音リンも新たに名を連ねた。

また新技術の導入により、初音が山車に乗って登場しステージ上を練り歩く演出が取り入れられることも明らかに。さらに冒頭では、“超所作事”(舞踊劇)「祝春超歌舞伎賑(またくるはるちょうかぶきのにぎわい)」が上演されることも併せて発表された。

脚本を松岡亮、演出・振付を藤間勘十郎が担当する本作は、同会場で開催される「ニコニコ超会議2018」内の1企画。公演は4月28・29日に千葉・幕張メッセ イベントホールにて。

「超歌舞伎『積思花顔競(つもるおもいはなのかおみせ)』」

2018年4月28日(土)・29日(日・祝)
千葉県 幕張メッセ イベントホール

脚本:松岡亮
演出・振付:藤間勘十郎
出演:中村獅童、初音ミク / 中村蝶紫、澤村國矢、鏡音リン

ステージナタリーをフォロー