ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

鉄拳「家族のはなし」舞台版、久保田秀敏・佐藤弘樹がW主演

255

「家族のはなし」ビジュアル

「家族のはなし」ビジュアル

5月に長野と東京で上演される「家族のはなし」のW主演を、久保田秀敏と佐藤弘樹が務めることが発表された。

本作はお笑い芸人、イラストレーターの鉄拳によるパラパラマンガ「家族のはなし」を舞台化するもの。キャストには久保田と佐藤のほか、岡田彩花(東京公演のみ)、Q'ulleのまなこ(長野公演のみ)、松田彩希金子さやか、AKB48の高橋彩香(長野公演のみ)、HAKUらが名を連ね、ゲストとして天津の木村卓寛が出演する。

長野県の地方紙・信濃毎日新聞社が、2013年に同紙の創刊140周年を記念し、長野県出身の鉄拳と制作したパラパラマンガ「家族のはなし」。同作では1918コマにわたり、主人公がミュージシャンになる夢を抱いて上京し、挫折を経て家族の温かさを再発見するというストーリーが展開された。

舞台版の企画は、鉄拳と同じく長野県出身であるILLUMINUSの小宮山薫プロデューサーが担当。脚本・演出は同じくILLUMINUSの吉田武寛が務める

※初出時、タイトルと本文に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

久保田秀敏コメント

鉄拳さんのパラパラ漫画を初めて舞台化するということで、その立ち上げから作品に関わる事ができて本当に嬉しく思います。鉄拳さんのパラパラ漫画はとても細かい心情の描写が描かれていて、それを役者という生身の人間のフィルターを通して体現することによって、更に奥行きのあるドラマに仕上げていく事ができると思います。大切に物語を生きたいと思います。

佐藤弘樹コメント

鉄拳さんのお話は心温まる作品ばかりで、「振り子」に代表されるパラパラ漫画も動画サイトで何度も拝見させていただきました。その上で、今回光栄にも出演の機会を頂戴できて、とても嬉しく思っております。作品特有の温かみや優しさが伝わるよう、カンパニーの皆さんと精一杯努めてまいります。どうぞ、応援のほど、よろしくお願いいたします。

木村卓寛(天津)コメント

鉄拳さんの作品はいつもステキな作品ばかりなので、その作品を自分が演じさせていただけるのがとても嬉しくて、早くも地元のツレに自慢しています。
周りの役者さんの足を引っ張らないように気合い入れてやらせていただきたいと思います。
あと今年の占いで「現場に差し入れをすれば運気が上がる」と言われたので、しっかり差し入れして運気上げさせていただきたいと思います。

「家族のはなし」

2018年5月3日(木・祝)・4日(金・祝)
長野県 サントミューゼ 上田市交流文化芸術センター

2018年5月11日(金)~13日(日)
東京都 IMAホール

原作:鉄拳「家族のはなし」
脚本・演出:吉田武寛

出演:久保田秀敏、佐藤弘樹 / 栗生みな、岡田彩花(東京公演のみ)、まなこ(Q'ulle、長野公演のみ)、松田彩希金子さやか、高橋彩香(AKB48、長野公演のみ)、HAKU(SUPER FANTASY)、古川龍慶、妹田佳奈子(東京公演のみ)、山崎穂波、千歳ゆう、疋田誉人 / 瀬尾卓也(東京公演のみ)、宮下貴浩(東京公演のみ)、新里哲太郎中谷智昭宮澤正(長野公演のみ) / 木村卓寛(天津

ダンサー・コーラス(50音順):藍羽舞、伊東映里奈、岡田和奈、高坂美羽(東京公演のみ)、齊藤雛子(東京公演のみ)、瀬戸沙織、重石邑菜(東京公演のみ)、高津木乃美、関谷あづみ、南條あかね(東京公演のみ)、花澤優季(東京公演のみ)、山崎未来(東京公演のみ)

※高橋彩香の「高」ははしごだかが正式表記。

ステージナタリーをフォロー