ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

暴かれる父の過去とは、ラッパ屋が贈る“大人の喜劇”「父の黒歴史」開幕

149

ラッパ屋 第44回公演「父の黒歴史」より。(撮影:木村洋一)

ラッパ屋 第44回公演「父の黒歴史」より。(撮影:木村洋一)

ラッパ屋「父の黒歴史」が、昨日1月20日に東京・紀伊國屋ホールにて開幕した。

本作は、鈴木聡が脚本・演出を手がける“大人の喜劇”。舞台は東京郊外。90歳になる資産家の父には、たくさんの愛人との間にもうけた腹違いの息子や娘が何人もいる。その父が、ある選挙に出ると言い始め……。金に糸目をつけぬ選挙戦が繰り広げられる中、財産目当ての子供たちよる騒動が勃発。さらにひょんなことから父が隠していた黒歴史が暴かれそうになり、莫大な資産の秘密が露見する。

鈴木がチラシにて「ニッポンや昭和の黒歴史とも重なって、思いのほかスケールの大きい話になるかもよ。乞うご期待!」とコメントしていた、物語の結末は劇場で確かめよう。上演時間は休憩なしの約2時間。公演は1月28日まで。

ラッパ屋 第44回公演「父の黒歴史」

2018年1月20日(土)~28日(日)
東京都 紀伊國屋ホール

脚本・演出:鈴木聡
出演:福本伸一おかやまはじめ、木村靖司、俵木藤汰 / 岩橋道子弘中麻紀、大草理乙子、三鴨絵里子 / 松村武谷川清美ともさと衣 / 青野竜平、林大樹豊原江理佳、八幡みゆき / 岩本淳、浦川拓海、武藤直樹、宇納佑、熊川隆一 

ステージナタリーをフォロー