ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

橋本淳が誕生日前日に“最初で最後”のイベント開催、水田航生らと寸劇披露

1185

左から今井隆文、水田航生、橋本淳。

左から今井隆文、水田航生、橋本淳。

橋本淳による自身初のイベント「諧謔的見地(かいぎゃくてきけんち)」書籍販売記念イベントが、昨日1月13日に東京・森の図書室で行われた。ステージナタリーでは、橋本と水田航生が出演した12:30開演回の模様をレポートする。

橋本が、アミューズの公式モバイルサイト・アミュモバで連載している「諧謔的見地」は、“働く人”にフィーチャーした短編小説。「諧謔的見地」の書籍化を記念した本イベントは8回にわたって開催され、水田や清水くるみ、劇団プレステージの今井隆文森口彩乃といった橋本と親交の深いゲストが回替わりで出演。またイベント中には、橋本がこの日のために書き下ろした寸劇がリーディング形式で上演された。

「最初で最後であろう、個人的かつ貴重なイベントにご参加くださり、ありがとうございます」という橋本のアナウンスでスタートした12:30開演回には、「SUPER ハンサム LIVE」のみの共演ながらも、「あっちゃん(橋本)大好き」と語る後輩の水田が登場。2人は軽快なトークを交えつつ、観劇中のマナーに関する寸劇や、伊達眼鏡を題材とした短編「だて眼鏡かけるべきか かけざるべきか」を披露した。またこの短編の終盤には、イベント翌日の1月14日に31歳の誕生日を迎える橋本に、水田が眼鏡をプレゼントするサプライズも。

最後に橋本は「毎月、月末になるとマネージャーから『明日締切でーす』って連絡が来て地獄のようでした(笑)」と執筆時を振り返りつつ、「書籍化にあたって尽力してくださったスタッフさん、読んでくださった皆さんに感謝しています。今日はお集まりいただきありがとうございました」と挨拶し、イベントを締めくくった。

「諧謔的見地」書籍販売記念イベント ※終了

2018年1月13日(土)
東京都 森の図書室

「だて眼鏡かけるべきか かけざるべきか」12:30~
出演:橋本淳水田航生

「淳とクレージープリンセス」14:00~
出演:橋本淳、清水くるみ

「くせ毛のお悩み相談室」15:30~
出演:橋本淳、今井隆文

「今私が選ぶ美味しいお菓子」17:00~
出演:橋本淳、森口彩乃

「淳とホワイティプリンス」18:45~
出演:橋本淳、水田航生

「嫌も嫌も好きのうち」20:15~
出演:橋本淳、今井隆文

「平成演劇夜話」21:45~
出演:橋本淳、今井隆文、水田航生

「さーてぃーわん」23:15~
出演:橋本淳

ステージナタリーをフォロー